今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


第一印象は見た目で9割判断される

 

 

第一印象は見た目で9割判断される
 
ということについて、解説していきます。

 

 

心理学には、メラビアンの法則と

 

いうものがありまして、人を判断する際には、

 

表情が6割、話し方が3割、話す内容が1割の割合で、

 

判断されるということが分かっています。

 

 

したがいまして、人と会った時の第一印象は、

 

ほどんと見た目であることが
 
お分かりいただけると思います。

 

 

どんなに面白い話や、

 

すごい話をしたとしても、

 

話す内容は、1割しか判断材料になりませんので、

 

やはり、見た目が大事ということになってきます。

 

 

もちろん、長い付き合いになってくると、
 
見た目はどうでもよくなって

 

中身で判断できるようになりますが、

 

基本的に、初対面では、

 

どうしても見た目で判断されてしまう

 

ということなのです。

 

 

したがいまして、「見た目だけじゃないこと」は

 

十分に分かった上で、それでも、

 

見た目はきちんと意識して整えておく方が

 

いいでしょう。

 

 

どんなに内面に自信がありましても

 

見た目がダメでは、

 

いろんな意味で損をしますからね。

 

 

そして、人と会ったり、話したりする時は、

 

表情を明るくしっかりとしたものにして、
 
話し方も、少し声を大きめにし、
 
堂々とハキハキと話すように、

 

心がけていくといいでしょう。

 

 

セールスの研修などでは、

 

必ず教育されますが、

 

服装、表情、話し方については、

 

訓練次第でいくらでも良くなっていきますから、

 

ぜひ、注意を払ってほしいものです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

人間関係では論理誤差に気をつけましょう
噂話のパワーを人間関係に応用する
人間関係のコツは許すこと
人間関係で最も重要なのは鏡の法則
親密になると無理なお願いも聞いてもらえる
手のひらを見せることの心理学
話す時に滑舌が悪いのは頭の回転が速い人
服装で相手の性格を見抜くテクニック
ラベリング効果を人間関係で応用する
話しかけた時の動作で性格を見抜く
話の聞き方で性格を判断する
話し方から性格を見抜く
イエス・バット話法を人間関係に利用する
熟知性の原則を人間関係に応用する
周囲はそれほどあなたに注目していない
欠点をさらけ出す心理的効果
不安な時ほど人と仲良くしたくなる
言動を一致させると信頼してもらえる
「ということは?」と返せば本音を聞き出せる
長く付き合うなら最初に長所をアピールするといい
二面性を指摘すると真の理解者と感じてもらえる
相手が気づいていない長所を教えると喜ばれる
何か頼みごとをするなら食事の席がいい
人をやる気にさせるには報酬が必要
人間関係を良くする奥義は境界を無くすこと
誰かを批判したり悪口や文句を言う理由
魅力を積むには経験と徳が必要
私達は人間関係を学ぶために何回も生まれ変わってくる
いつも一緒にいる人からは大きな影響を受ける
自分のためじゃなく他者のためにおしゃれをする
色んな人に接することで人生を知る
いろんな個性の人がいるが批判してはいけない
幸せになると他者をも巻き込んで幸せにできる
人間は不幸になると弱いものをいじめるようになる
理解してもらえないなら言い方を変える
人に頼む前には相手の心が軽くなることを言う
争いにおいては相手の作戦を見破り先手を打っておく
うまくいった時は全て周りのおかげ
言葉を飾ると本当に言いたいことが伝わらない
時には新しいことを始めて視野を広める
鏡の法則を人間関係に応用する
怨まれたら、徳で対応しよう
心の広さは、どれだけ他者を許せるかで決まる
他者を悪く思うことの反作用
誠実の美徳
ユニークな存在と再認識し嫉妬心を超えていこう
人間関係では譲る心を大切にする
他者からの言葉は天の声
意見が同じであることを伝えよう
人間関係をたてなおしていく順番
良い点を誉めると人は育つ
嘘をついていると分かっても言葉には出さない
知らないでいいことは知らないでいい
いつも人と争う性質の人物とは議論しない方がいい
よくしゃべる人は人間関係で過ちをおかしやすい
川の流れのように下に下ることで大きくなれる
縁が切れると強制的に離される
得意分野を見つけて他者に貢献する
人間関係では相談することは非常に大切
全ての人を受け入れる大海となろう
他者が隠していることは決して暴いてはならない
人の痛みが分かる人になろう
無欲な人は人間関係がうまくいく
親身になると人間関係もどんどん良くなる
部下や家族の過ちをあまり激しく怒らず諭すようにする
動物とのふれあいを人間関係に活用する
プラス発想を人間関係に応用する
本当の自分が一番愛される
秘密は一度口に出したら、たちまち広がってしまう
相手の心に気づくことが大切
協力を得たいなら、まず協力する
感情は伝染する
相手を自分の枠にはめないこと
評判ではなく実際に会えば人物の大きさが分かる
自分を守るために目上を立てる
人情はとても変わり易い
真に雄弁な人は多くを語らなくても意思が伝わる
心の状態は全て表情やオーラに出る
苦言を嫌わないようにするのが賢明
他者の失敗は処理が終われば忘れよう
自分を守るためには他者を傷つけないよう注意する
友達を大切にすれば友達が残る
他者に嫌なことをされたら自分が過去にしたと考える
親しくなるほどケンカが多くなる心理学的理由
いつも同じ人とばかり付き合う人の心理学
年長者や権力者とばかり付き合う人の心理学
親密になればなるほど嫌な顔も見せるようになる心理学
相手の利益に最適化すれば人心掌握をおこなえる
どのような目標を持っているかで価値観が変わる
自分の感情は自分でコントロールしていく義務がある
人間誰しも期待を裏切られると反感が生まれる
粘着気質の人を怒らせてしまうと関係修復は難しい
日本では最初に自分の非を認めると人間関係が有利に運ぶ
「小耳にはさんだ」という噂話にはすごいパワーがある
機嫌の悪い人のご機嫌取りをすると不幸になる
落ち目の人ほど親切にされると感激する
身内の人の話をすると親密な関係になれる
お願いを聞いてもらうには普段から親切にしておく
相手の意見の反対ばかりする人に対しては逆を突けばいい
自慢話ばかりしてる人は教えを請われると弱い
相手と同じ服装をすると賛同と同調の意思表示ができる
「一緒に」という言葉に人は動かされる
ケンカするほど仲が良い心理学的理由
怒りや不満が溜まり過ぎると卑屈なほど丁寧な態度になる
人間は自分と別世界の人の成功には嫉妬しない
人間は自分と近い人の成功には激しく嫉妬する
下積みの苦労の末に成功すれば人は心から賞賛する
こちらからは絶対に人を選ばない
自分の事は後回しにして周りの幸せばかり考える
一度出会ったら一生の付き合いと腹をくくる
他人を大切にする人が人生で勝利する
お節介でも気にしてくれるだけありがたいと考える
人間は一人では何もできないことを思い知る
仲間は自分の人生を支えてくれるつっかえ棒
言ってくれる人の方が言ってくれない人よりありがたい
相手を覚えていること、思い出すことが人間関係の要諦
人間関係においては、どちらかに偏らず中庸を守っていく
100人の仲間がいれば成果も何十倍になる
自分を支えてくれる傍の人間が強くなれば鉄壁となる
仲間は継続して時間をかけて結束が深まっていく
せっかくのご縁は大切にし自分から切ってはいけない
ご縁を育み仲間を増やすことで繁栄がもたらされる
MeWeNow理論を使って人を動かすテクニック
相手の言葉を繰り返すことで聞いていると感じさせる
まずは自分の弱点を相手にさらすと共感を得られる
イヤミばかり言う人は劣等感と欲求不満が溜まっている
説得上手は相手の利益に最大の注意を払って交渉する
ネガティブで人の悪口を言う人が最も嫌われる
誰かを嫌いになると必ず反対に自分も嫌われる
体育会系の人は先輩には服従するが後輩には親身になる
自衛隊や警察、消防あがりの人は上下関係に厳しい
人間関係における、おべっかとは?おためごかしとは?
赤ちゃんのような笑顔は多くの人を惹きつけ心を開かせる
一人になりたい孤独感の心理学
「用事があって」「都合が悪くて」は行きたくないサイン
プレゼントを贈る人の心理学
自分中心で他者を許せない人、人間関係が難しい人の心理学
会社や職場・バイト・パート先の人間関係の悩みとストレスを解決する対処法
人間関係における男性女性のストレスの感じ方の違い
タテ社会の人間関係に疲れたら転職するべきか
人間社会を損得勘定で考えると人間関係は築けない
退職理由の多くが人間関係に原因がある
人間関係は煩わしい?嫌な奴との付き合い方と人間関係の構築方法
タビストック人間関係研究所では何を研究しているのか
ペプロウによる人間関係の看護論について
人間関係のない仕事には、どのようなものがあるか
社会人の人間関係のトラブルには、どのようなものがあるか
職場の人間関係を改善する効果的な方法
信頼関係を築くには?人間関係の作り方とコツ
希薄な人間関係を円滑な人間関係に変える方法
人間関係において嫌われてる人の特徴
人間関係が苦手な原因と仕事の人間関係におけるストレス
人間関係を良くする方法と嫌われている人との付き合い方
「挨拶」とは心を開いて相手に近づくという意味
些細なことで褒めるのが人間関係のコツ
人間関係が面倒、めんどくさいと感じる人の潜在意識の心理学
メイヨーの人間関係論とはどんな理論なのか
人との付き合いが苦手な人が渇望する人間関係がない仕事
苦手な人との会話では、どのようなことに注意するか
人間関係に依存する(共依存)人の心理学
アスペルガー症候群と会社における人間関係のストレス
対人関係が苦手な人は人間関係能力が不足している
仕事の人間関係に疲れたら人間関係の改善方法に取り組むチャンス
部下や同僚との人間関係で信頼関係を作る方法
多くの人はお金で動くが、お金では全く動かない人もいる
本を読み言葉を知りボキャブラリーを増やすと人間関係も良くなる
魂のレベルでは障害を持った人は存在せず全て個性である
人と会うと守護霊同士が学びあい成長する
口やかましく言ってくれる人ほど愛情深い
発達障害により良好な人間関係を円滑に築くことができない場合
口論に勝ちたいなら根拠を追求すると良い
「似てるよね」と共通事項を挙げると親しくなれる
正直な気持ちを伝えることができれば人間関係はうまくいく
自分ができないことを人に注意しても説得力がない
普段の言動に注意することで影響力を身につけることができる
無口だからコミュニケーションが下手とは限らない
人は自分を理解した深さまでしか相手を理解できない
他者の心を知りたいなら、まずは自分の心を知る必要がある
小指が短い人はコミュニケーション能力が低い口下手タイプ
小指が薬指の第一関節より長い人はコミュニケーション上手
誰しも相手の人間らしさを知ったら親密な感情が湧く
「絶対儲かるよ」と誘う人には「あなたは儲けたの?」と聞く
他者に注意する時は命令口調ではなく質問すれば良い
大切な人に迷惑をかけ怨まれたら不可抗力を告げる
自分のマイナス面ですら共有すると仲良くなれる
初対面で会う人と仲良くなりたいなら事前に調べておく
感情的な相手には感情的になっていることを気づかせる
うっとおしい相手には「それが何か?」と言えば良い
邪推されたくなければ邪推しないこと
会社でイジメに遭ったら「上司に報告する」と脅かすと良い
誰かに疑われたら「なぜ、そう思うの?」と反撃する
「お金貸して」と言われたら「私が貸してほしい」と断る
普段から丁重に断る理由を色々と用意しておくと良い
代替案を示すことで上手に断ることができる
人の悪口になったら「あなたはどうなの?」と言ってみる
愚痴ばかりこぼす人には「誰でも同じ」と言えばいい
人を紹介したい時はマイナス評価+プラス評価でおこなう
対人コミュニケーションが上手な人ほど出世しやすい
無視や仲間外れが男性より女性に多い心理学的理由
女性は自宅や部屋に人を呼ぶのが好きである
上から目線が高圧的に感じられる理由
下から目線がかわいいと感じられ親近感と共感が生まれる理由
背の高い人や大きな人に権威が生まれる理由
女性は男性よりも子供の表情を読み取る能力に優れている
自己開示ができる人ほどコミュニケーション能力が高い
対人コミュニケーションとパーソナリティ障害の心理学
目の動きとアイコンタクトの心理学
心理戦に勝利するための心理学と心理誘導のテクニック
人間関係に疲れた、続かない、うまくいかない、リセットしたい方へ
仕事に行きたくない、仕事を辞めたい人の職場での人間関係と心理学
こじれた人間関係を良い人間関係に変える方法
職場の人間関係づくりトレーニング
豊かな人間関係と良い人間関係を築く方法
嫌な人との人間関係が煩わしい場合にどうするか
田舎には田舎の独特の人間関係がある
人間は共感している時は分析能力がストップする
男性は物事のしくみに興味を覚え、女性は人間に興味を覚える
女性は自分のミスや失敗を話題にすることが多い
女性は同意しながら相手の話を聞く傾向が強い
女らしい人ほど相手の話を最後まで聞くことができる
男らしい人ほど相手の話を最後まで聞かず遮り反対意見を述べる
女性は瞬時に多くの状況を把握して話すことができる
学校や仕事における人間関係の悩みとうつ病の相談
社内の人間関係がうまくいかず、会社を辞めたい人
陰口や噂話をすると必ず相手の耳に入ると覚悟する
イライラさせられると面倒なので嫌いになっていく
人間誰しも自分が欲しい物を他者に与えようとする
おみやげを皆に配るとあまり印象には残らない心理学的理由
自分が欠点と悩んでいても他人からすると大したことない
人間は丸くて小さくて柔らかい物を可愛いと感じ優しくなる
あなたを必要とする場所や環境が必ずどこかにある
何かくれるなら遠慮せずに受け取ると良い
人間は環境に自然に染まってしまう
本当に強くなると弱さを見せることができるようになる
相手を理解する能力を磨くと喧嘩が減る
誰もが自分の価値を認めてくれる人を探している
人におごらせてあげる度量を持とう
当然であると考えると感謝できなくなる
自分の気持ちに素直な人と一緒にいると素直な気持ちになる
文句ばかり言う人には「お前はどうなんだ?」と言えばいい
こちらが警戒心を解くと相手も警戒心を解いてくれる
感情を抑えすぎると冷酷で無感動な人と判断される
人に命令してはならず、お願いとして依頼する
情の厚さ涙もろさ人懐っこさは誰にでも好感を持たれる
笑顔が嫌いな人は存在しない
人間関係では与える達人、受け取る達人になればうまくいく
論理的に速いペースで話すと相手に冷たい印象を与える
ゆったりと話すと温かい人柄である印象を与える
人の好き嫌いは無意識から来ることが多い
自分をさらけ出す人は正直で本音で生きていると判断される
建前と本音を使い分ける必要がある本当の理由
心理的な冷たさ、温かさ、熱さについて
縁の薄い人に対しては無言にならず話題を必死に探そう
オーラの汚れは霊的な悪臭を発する

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学