今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~

学校で使える心理学のテクニックについて、紹介していきます。心理学をうまく使うことで、学校生活を楽しくスムーズに送れるようになります。また、子供達をどのように教育するとよいかが分かります。

学校で使える心理学 記事一覧



スポンサーリンク


鏡の法則を学校で使うテクニック

ここでは、鏡の法則を学校で使うテクニックについて、紹介しましょう。このページを見ているということは、おそらくあなたは学生さんですね。まずは、あなたが他の生徒にしたことは、鏡の法則により、必ずあなたの返ってくるということを理解しておいてください。もし、あなたが、他の子に暴力を振るったとします。そうする...

≫続きを読む

 

単純接触効果(ザイオンス効果)を学校で使う

単純接触効果とは、何度も何度も会ったり見たり聞いたり触れたりすると、好意的になるという心理的な効果のことです。アメリカの心理学者であるロバート・ザイオンスが発表したので、ザイオンス効果とも呼ばれています。さて、学校生活では、やはり仲良くなりたい子がでてきますよね。学校に行っていると、「この子と仲良く...

≫続きを読む

 

アッシュの同調実験を学校で使う

アッシュの同調実験とは、アメリカの心理学者アッシュが集団の圧力を確認するためにおこなった実験です。7人の大学生に、基準となるカードに描かれた線と同じ長さの線のカードを3枚のカードの中から選んでもらうという実験をおこないました。しかし、事前に一人だけで回答させると100%回答できたのに、7人で実験した...

≫続きを読む

 

ローボール・テクニックを学校で使う

ローボール・テクニックとは、最初に簡単なお願いを聞いてもらうと、次に難しいお願いをしてもOKしてくれやすくなるという心理テクニックです。ローボールとは、キャッチボールで低めのボールのことであり、最初は、取りやすい低めのボールを投げて練習し、徐々に高いボールを取れるようになるという意味合いです。もちろ...

≫続きを読む

 

ピグマリオン効果を学校で使う

ピグマリオン効果とは、教える側が期待を持って教えることにより、学習者の成績が向上するという効果のことです。ギリシャ神話に出てくるピグマリオン王が、恋焦がれていた女性の彫像を作りました。そして、そのあまりにも強い期待に共鳴し、アフロディテという神が、女性の彫像を人間に変えてくれたというお話があるのです...

≫続きを読む

 

宣言効果を学校で使う

宣言効果とは、周囲の人たちに目標を宣言することによって、目標を達成できるようになるという心理効果のことです。もちろん、この宣言効果については、学校生活でも応用できます。たとえば、あなたが数学が苦手だったとします。しかし、数学を得意科目に変えたいと思っていたとします。その場合、漫然と数学を勉強していて...

≫続きを読む

 

返報性の原理を学校で使う

返報性の原理を学校で使うテクニックを紹介していきます。返報性の原理とは、誰かに物をもらったり、何かしてもらったら、お返しをしたくなる心理がはたらくという原理です。あなたも、誰かに物をもらったり、何かしてもらったら、後でお返しをしたくなりますよね。昔の人たちは、誰かに物をもらったり、何かしてもらったら...

≫続きを読む

 

相談の心理効果を学校で使う

相談の心理効果を学校で使うテクニックについて、紹介していきます。日常生活でよくおこなわれる「相談」に、実は、とても強力な心理効果があるって知っていましたか?実は、相談することで、相手との距離がとても縮まり、強烈な親近感を抱いてもらうことができるのです。したがいまして、学校生活でも、親密な関係になりた...

≫続きを読む

 

類似性の法則を学校で使う

類似性の法則を学校で使うテクニックについて、紹介していきます。似たもの同士は、自然に集まっていきます。「類は友を呼ぶ」と言いますが、似たもの同士は、なぜか、引き付けられて、集まろうとする心理を持っています。また、似たもの同士は、お互いに好感を持ちます。「あ、奇遇だね。おんなじ趣味なんだね」とか、「出...

≫続きを読む

 

自己開示の法則を学校で使う

自己開示の法則を学校で使うテクニックについて、紹介していきます。これは、人間誰しも、自分の弱さをさらけだすことができる人、つまり、自己開示がおこなえる人に好意を抱き、親近感を覚えるという法則です。なぜかと言いますと、人間誰しも弱い部分を持っていまして、ほぼ例外なく、心の弱さを隠し持っていると考えても...

≫続きを読む

 

側坐核を刺激してやる気を引き出す

側坐核を刺激して、やる気を引き出すテクニックについて、紹介していきいます。側坐核(そくざかく)とは、脳の真ん中あたりに、左右に一つずつある小さな器官なのですが、この側坐核は、やる気を司っていることが分かってきました。ですから、この側坐核を刺激してやれば、やる気がアップして、勉強がはかどるということで...

≫続きを読む

 

みんなと違うといじめの対象となる

みんなと違うといじめの対象となるということについて、解説していきます。学校でいじめられる対象となる子は、たいてい、みんなとどこか違う点を持っています。人間も動物であり、子供の時は、動物的本能がまだまだ大きく影響していますから、弱い固体や劣った個体、みんなと異なる個体を阻害しようとします。いつも外敵の...

≫続きを読む

 

先輩からのイジメを後輩に引き継がない

先輩からのイジメを後輩に引き継がないということについて、解説していきます。学校によっては、先輩からのイジメが伝統となっていて、自分がやられたからと言って、後輩にもイジメの伝統を引き継いでいるところがあります。これに気づいたら、あなたの代で終わらせてください。イジメが伝統になっていて、いいわけがありま...

≫続きを読む

 

学校の勉強が全て実社会で役立つわけではない

学校の勉強が全て実社会で役立つわけではないということについて、解説していきます。実社会に出ると分かりますが、学校の勉強が全て実際に役立つわけではありません。でも、だからと言って、学校の勉強をしなくていいかと言いますと、そういうわけでもないのです。もし、現在、学校に行っているけれども、学校の勉強が実際...

≫続きを読む

 

教育者は生徒からも学ぶ努力をしよう

教育者は生徒からも学ぶ努力をしようということについて、解説していきます。教育に携わる人たちがいます。学校の先生、塾の先生、専門学校の先生、生涯教育の先生、パソコン学校のインストラクター、スポーツ選手のトレーナーなどなど。誰かをより高い地点に引き上げる大切な仕事です。生徒がきちんと先生から学び、その内...

≫続きを読む

 

学校心理学とは何か

学校心理学とは何かについて、解説していきます。学校心理学につきましては、学校の教育において、心理学的な観点から、子供達の発育を援助することを目的に研究されている心理学です。学校心理学につきましては、学校現場へのコンサルテーション、コーディネートなどをおこなったり、特別支援教育の現場で用いる具体的な手...

≫続きを読む

 

ゲーム感覚で学べる環境の設立が望まれる

ゲーム感覚で学べる環境の設立が望まれるということについて、解説していきます。勉強とは、面白くて楽しいものです。知らなかったことを知り、理解するということは、人間において、何よりも楽しくて、エキサイティングなことなのです。まずは、この事実を再認識する必要があります。しかしながら、学校の授業は、あまり面...

≫続きを読む

 

学校心理学における4種類のヘルパー

学校心理学における4種類のヘルパーについて、解説していきます。学校において、生徒が伸び伸びと成長していくためには、さまざまなヘルパーのサポートが必要となります。そして、学校心理学におきましては、主に、4種類のヘルパーを定義づけています。(1) 専門的ヘルパー これは、学生の心理的サポートを 専門的に...

≫続きを読む

 

学力低下を防ぐ学校心理学的な取り組み

学力低下を防ぐ学校心理学的な取り組みについて、解説していきます。昨今、学生達の学力低下が叫ばれています。その原因としましては、週休2日制が導入され、学習時間が減ったこともあるでしょう。また、ゆとり教育の実施により、学習量を減らしたことによる影響もあります。さらには、子供の数が減少し、少子化になるにつ...

≫続きを読む

 

不登校を防ぐ学校心理学的な取り組み

不登校を防ぐ学校心理学的な取り組みについて、解説していきます。学校における問題の一つとして、不登校の問題があります。子供が学校に行こうとせず、家に閉じこもってしまい、学力の向上を図ることができず、人間関係も築けないため、放置しておくと、社会に出て生きていくことが困難な人物となってしまいます。そのため...

≫続きを読む

 


当サイトの人気カテゴリーランキング