今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~

ゲシュタルト心理学について、紹介していきます。ゲシュタルト心理学を学ぶことで、神経症、うつ病、自己不信、ストレス過大、不眠、拒食症など、様々な心の病を治療することができるようになります。

ゲシュタルト心理学 記事一覧



スポンサーリンク


ゲシュタルト心理学とは何か

ゲシュタルト心理学とは何かについて、解説していきます。ゲシュタルト心理学については、ドイツのM. ヴェルトハイマー、W. ケーラー、K. コフカ、K. レヴィンらが中心的存在となって、提唱された心理学です。ゲシュタルト心理学については、ユダヤ系の心理学者が多いです。なお、ゲシュタルトとは、ドイツ語で...

≫続きを読む

 

プレグナンツの法則について

プレグナンツの法則について、解説していきます。プレグナンツの法則とは、ゲシュタルト心理学における人間の知覚の法則です。また、「プレグナンツ」とは、簡潔なという意味の言葉です。プレグナンツの法則には、代表的な3つの要因がありますので、次に、見ていきたいと思います。●プレグナンツの法則における代表的な3...

≫続きを読む

 

ゲシュタルト崩壊とは何か

ゲシュタルト崩壊とは何かについて、解説していきます。ゲシュタルトとは、総合的な知覚を意味します。そして、ゲシュタルト崩壊とは、総合的な意味を認識できなくなる現象を言います。全体性を持ったまとまりのある構造から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象です。ゲシュタル...

≫続きを読む

 

ゲシュタルト療法とは何か

ゲシュタルト療法とは何かについて、解説していきます。ゲシュタルト療法とは、ユダヤ人の精神科医であるフレデリック・パールズにより始められた心理療法です。ゲシュタルト心理学を手がかりとして、生み出されたと言われています。ゲシュタルト療法では、クライエントとの関わりの中で、「今ここ」を非常に大切にするとこ...

≫続きを読む

 

人間は単に部分が集まってできているのではない

人間は単に部分が集まってできているのではないということについて、解説していきます。ゲシュタルト心理学では、物事は、部分の単なる寄せ集めではなく、全体をひとつのまとまりとして捉える必要があると言っています。たとえば、音楽のメロディなどにつきましても、音符一つ一つの寄せ集めではなく、全体をひとつのまとま...

≫続きを読む

 

ゲシュタルト療法は気づきに始まり気づきに終わる

ゲシュタルト療法は気づきに始まり気づきに終わるということについて、解説していきます。ゲシュタルト療法におきましては、何よりも、気づきを大切にしています。なぜなら、気づくことにより、心の病を癒すことができるからです。そして、心の病を癒せば、身体の不調も取り除くことができます。気づくとは、ひっかかってい...

≫続きを読む

 

ゲシュタルト療法では今ここに集中する

ゲシュタルト療法では今ここに集中するということについて、解説していきます。ゲシュタルト療法では、クライエントの気づきを促しますが、何よりも、「今ここ」を重要視します。どういうことかと言いますと、過去の記憶は変更できないし、未来のことには、手を下すことができませんから、クライエントの感情については、今...

≫続きを読む

 

エンプティ・チェアの技法で心を癒す

エンプティ・チェアの技法で心を癒すということについて、解説していきます。ゲシュタルト療法における心理療法には、エンプティ・チェアと呼ばれる代表的なテクニックがあります。これは、誰も座っていない椅子、すなわち、エンプティ(空虚な)・チェア(椅子)を使った、非常に効果的な技法なのです。具体的には、どのよ...

≫続きを読む

 

ゲシュタルト療法では身体的感覚を重要視する

ゲシュタルト療法では身体的感覚を重要視するということについて、解説していきます。ゲシュタルト療法の様々な療法、たとえば、エンプティ・チェアの療法などでは、身体的な感覚を非常に重要視します。なぜなら、身体的な感覚については、「今ここ」においてしか感じることができないからです。そして、ゲシュタルト療法に...

≫続きを読む

 

ゲシュタルト療法は心身一如の立場に立つ

ゲシュタルト療法は心身一如の立場に立つということについて、解説していきます。ゲシュタルトという言葉には、総合的なひとまとまりという意味がありますが、ゲシュタルト療法も、人間は一つの総合的なまとまりであり、決して、心と体、感覚と認知、思考と感情などを別個のものとして、分離して捉えてはいけないという立場...

≫続きを読む

 

ボディ・ワークで身体の声を聞く

ボディ・ワークで身体の声を聞くということについて、解説していきます。ゲシュタルト療法には、ボディ・ワークという独特のテクニックがあります。これは、どのような治療法なのかと言いますと、身体において、不調を感じている箇所に、自分がなりきって、身体の言いたいことを聞くというテクニックなのです。たとえば、毎...

≫続きを読む

 

結末を体験させると心の不調が解消する

結末を体験させると心の不調が解消するということについて、解説します。心の不調の原因の多くは、未完結のままになっている出来事が、たくさん深層意識に溜まっていることにあります。たとえば、亡くなってしまったお母さんに「ありがとう」と言えなかったことが、ずっと心残りになっていて、それが心の不調の原因となる場...

≫続きを読む

 

「図」と「地」とその反転

「図」と「地」とその反転について、解説していきます。ゲシュタルト療法では、「図」と「地」という独特な言い回しを使います。「図」とは、注意を向けて、焦点を合わせている物事のことであり、「地」とは、それ以外の背景となる物事のことです。もし、「図」に不快なことや苦痛なことばかりが存在すると、人生は、不快で...

≫続きを読む

 

ドリーム・ワークで深層意識を浄化する

ドリーム・ワークで深層意識を浄化するということについて、解説していきます。ゲシュタルト療法には、ドリーム・ワークと呼ばれる夢を使ったテクニックがあります。これは、頻繁に見る夢について、自分自身が夢の一部になったつもりで思いつくまま話してみるというテクニックです。「夢を生きる」セラピーとも呼ばれていま...

≫続きを読む

 

ファンタジー・トリップの技法で気づきを得る

ファンタジー・トリップの技法で気づきを得るということについて、解説していきます。ゲシュタルト療法には、クライエントの気づきを得るために、ファンタジー・トリップの技法というものが存在します。ファンタジー・トリップの技法とは、クライエントに空想の世界に入ってもらい、色んなことを感じて気づきを得てもらうテ...

≫続きを読む

 

イントロジェクションとは外界から取り入れること

イントロジェクションとは外界から取り入れることについて、解説していきます。ゲシュタルト療法では、イントロジェクションという用語を頻繁に使います。では、イントロジェクションとは何かと言いますと、自分の外側にある考え方や規範を、あたかも自分のものであると思い込んで取り込んでしまうことです。でも、自分の考...

≫続きを読む

 

プロジェクションは他者に責任をなすりつけること

プロジェクションは他者に責任をなすりつけることについて、解説していきます。ゲシュタルト療法では、イントロジェクションと合わせて、プロジェクションという言葉もよく使います。では、プロジェクションとは何なのかと言いますと、自分の勝手な思い込みを外界に投射することです。たとえば、「あの人は、きっと私に反対...

≫続きを読む

 

コンフルーエンスとは自他の境界がなくなること

コンフルーエンスとは自他の境界がなくなることについて、解説していきます。ゲシュタルト療法では、自他の境界がなくなる神経症について、コンフルーエンスという言い方をします。コンフルーエンスとは、融合という意味ですが、自分と他者の境界がなくなって、内面の混乱状態を引き起こす神経症です。ちなみに、生まれたば...

≫続きを読む

 

レトロフレクションとは自他を反転させること

レトロフレクションとは自他を反転させることについて、解説していきます。ゲシュタルト療法では、他者に向けるべき事柄を、自分にしてしまう神経症のことをレトロフレクションと呼んでいます。これは、本当は、他者に向けて行わなければいけないことを、反転してしまって、自分自身に向けてしまう神経症です。たとえば、あ...

≫続きを読む

 


当サイトの人気カテゴリーランキング