今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~

内観や瞑想をおこなうことにより、人は神へと進化していきます。自らを観察者と認識し、より高い魂の次元へと進化していく方法を紹介していきます。

内観と瞑想の心理学記事一覧



スポンサーリンク


内観と瞑想とは何なのか

内観と瞑想とは何なのかについて、述べていきます。内観や瞑想をおこなうことにより、あなたの心は一気に進化していきます。内観とは何かと言いますと、自分自身の内面を観察することです。瞑想とは何かと言いますと、座って自らの内面を観察することです。すなわち、内観も瞑想も本質は同じであり、私自身も、同じものとみ...

≫続きを読む

 

本当の自分は観察者

さて、本当の自分って、いったい誰なんでしょうか。座って眼をつむり、内面をのぞいてみて、どこに本当の自分がいるか、チェックしてみてください。内面を観察していると、思考が漂っていることに気付きます。でも、時々、思考が途切れますので、思考が本当の自分ではないみたいです。思考については、まるで、ラジオに飛ん...

≫続きを読む

 

観察するという単純なことが進化への鍵

観察するという単純なことが進化の鍵であるということについて、解説していきます。霊魂を進化させ、悟りにいたるには、どうすればよいのでしょうか。実は、方法は、とっても単純でシンプルなものです。どうすればいいのかと言いますと、「観察」すればいいのです。具体的に言えば、自分の内面にある、思考、感情、イメージ...

≫続きを読む

 

観察の炎を点すと暗闇は消え失せる

観察の炎を点すと暗闇は消え失せるということについて、解説していきます。内観や瞑想をおこなって、自分の内面を観察しますと、心の中に炎が点されます。その炎とは、まさしく「観察者」です。観察するということが、炎なのです。内観や瞑想をおこなう前は、思考や感情に呑み込まれて、観察することもなしに生きてきました...

≫続きを読む

 

天国ってどこにあるの?

「天国ってどこにあるの?」と聞かれたら、あなたは何と答えるでしょうか。ほとんどの人が、空に向かって指をさし、「空の上にある」と言うと思います。でも、実際のところ、空の上には雲があり、大気圏があり、宇宙空間につながっているだけです。どこにも、天国はありません。また、「私は天国にいるみたいだ」と言う人が...

≫続きを読む

 

7つのチャクラ

人間には、7つのチャクラと呼ばれるエネルギーセンターが備わっています。これは、肉眼では目に見えないのですが、実際に存在し、我々の人生を支配しています。一番下の生殖器のあたりにあるセンターが、ムラダーラチャクラです。ムラダーラチャクラは、生命力、パワー、情熱を司り、人間の生存そのものに関わっているチャ...

≫続きを読む

 

サハスラーラチャクラが開く時

サハスラーラチャクラが開く時、人間は、自己を超越する世界に出入りできるようになります。人間には、7つのエネルギーセンターであるチャクラがあるのですが、瞑想や内観が深まり、クンダリニーと呼ばれる上昇エネルギーが蓄積されると、ある日、爆発します。そして、尾てい骨から頭頂まで、恐ろしい巨大なエネルギーが、...

≫続きを読む

 

直感は天からのお知らせ

直感は天からのお知らせということについて、解説していきます。直感とは、天からやってくるインスピレーションです。ですから、天からのお知らせであり、天からのプレゼントであると考えてください。したがいまして、直感に従って行動するのが、もっとも天にかなった行動になります。直感として天からやってきたインスピレ...

≫続きを読む

 

物質の耐久期間と霊魂の永遠性について

物質の耐久期間と霊魂の永遠性について、解説していきます。物質には、耐久期間がありますので、全ての物質は、遅かれ早かれ、朽ち果ててしまいます。もちろん、物質により、すぐに朽ち果てるものもあれば、何千年~何万年も朽ち果てることがないものもあります。ですが、物質であるからには、いつか必ず、耐久期間が過ぎて...

≫続きを読む

 

霊魂は男性と女性の両方の人生を経験して成長する

霊魂は男性と女性の両方の人生を経験して成長するということについて、解説していきます。人の霊魂は、輪廻転生、すなわち、生まれ変わりを通して、あらゆる人生を生きて、霊的成長を遂げていきます。そして、男性の人生も女性の人生も両方を経験して、両性の違いを学んで、さらなる霊的成長を遂げるのです。もちろん、男性...

≫続きを読む

 

内観とは何か

内観とは何かということについて、解説していきます。内観をおこなうと、心の曇りが取れて、根源法則が見えるようになります。では、内観とは何か。簡単に言うと、自分を観察するということです。自分を観察すると一言で言っても、これが難しいんです。自分の行動を観察し、思考を観察し、そして、感情を観察する。実際には...

≫続きを読む

 

見守ること、観察することを習慣化する

見守ること、観察することを習慣化するということについて、解説していきます。見守ること、観察することを習慣化すると、気づきの能力がとても上昇していきます。そして、鏡の法則(原因と結果の法則)を使いこなす力がついてきます。内観について、さらに詳しくお伝えしたいと思います。内観とは、簡単に言うと、自分を観...

≫続きを読む

 

自然をお手本にするとうまくいく

自然をお手本にするとうまくいくということについて、解説していきます。自然は、完全です。不完全に見えたとしても、それは、完全すぎるためにそう見えるだけです。完全な部分と不完全な部分が折り重なって、完全を生み出しています。まるで、根源法則そのものです。さらに、美しさと醜さが折り重なって、真の美しさを生み...

≫続きを読む

 

内観や瞑想はチャクラを開花させる

内観や瞑想はチャクラを開花させるということについて、解説していきます。人間の体には、7つのエネルギーセンターがあります。これらのセンターは、チャクラと呼ばれますが、目には見えません。頭頂のチャクラ眉間のチャクラ喉のチャクラ胸のチャクラみぞおちのチャクラ丹田のチャクラ生殖器のチャクラと、7つのセンター...

≫続きを読む

 

周波数が上がると受信する思考のレベルが上がる

周波数が上がると受信する思考のレベルが上がるということについて、解説していきます。考えようと思わなくても、思考はやってきます。じっと自分の頭の中を観察していると分かります。本当に自分が考えているのか、と言いたくなるような、崇高な考えが湧きあがったり、また、危険な考えや、攻撃的な考えがやってきたりしま...

≫続きを読む

 

人格者は柔らかく、そばにいて楽しい

人格者は柔らかく、そばにいて楽しいということについて、解説していきます。人格者と呼ばれる人たちは、決まって、考え方や行動が柔らかくて謙虚です。雰囲気も柔らかく、そばにいると、楽しい気分になります。それでいて、威厳があります。人は成長すると、周波数が上がって柔らかくなります。氷の周波数が上がると、水に...

≫続きを読む

 

内観や瞑想のコツは離れること

内観のコツは離れることということについて、解説していきます。内観や瞑想を行うと、はじめはどの状態が内観状態なのか、どの状態が瞑想状態なのか、ぴんと来ないことがあります。実は、どんな状態が内観状態、瞑想状態なのかと言いますと、自分から離れている状態です。内観や瞑想のコツとしては、自分から離れることです...

≫続きを読む

 

内面をおさめると存在するだけで周囲がまとまる

内面をおさめると存在するだけで周囲がまとまるということについて、解説していきます。内面をおさめましょう。瞑想や内観をおこない、気づきと理解を深めることによって、人は人格者となり、内面をおさめることができるようになります。内面をおさめた人は、存在するだけで周りをまとめることができます。周りの人は居心地...

≫続きを読む

 

自分の中心を据えるために内観や瞑想をおこなう

自分の中心を据えるために内観や瞑想をおこなうということについて、解説していきます。自分自身の中心を据えましょう。そのためには、内観や瞑想が役立ちます。現代は情報が溢れ返っています。検索サイトのGoogleには、全世界で、なんとすでに100億サイト以上ものホームページが、登録されているそうです。すでに...

≫続きを読む

 

本当の自分が一番パワフルである

本当の自分が一番パワフルであるということについて、解説していきます。人はみな、社会に合わせる為に、多かれ少なかれ、自分を殺し、演技をしています。生きていくためには、必要なことですが、それが当然で、演技している姿が本当の自分であると勘違いし始めると、悲劇が訪れます。それは、あくまでも仮の姿です。あなた...

≫続きを読む

 

カルマ(業念)と呼ばれる、からまった紐をほどく

カルマ(業念)と呼ばれる、からまった紐をほどくということについて、解説していきます。負の原因(カルマ)は、まるでからまった紐のようです。深いカルマであればあるほど、からまってからまってこんがらがっています。そしてカルマを解消するためには、からまった紐を解きほぐしていく必要があります。基本的にカルマは...

≫続きを読む

 

内観や瞑想を行なって第三の目を開く

内観や瞑想を行なって第三の目を開くということについて、解説していきます。鏡の法則や原因と結果の法則などの根源法則は、基本的には目には見えません。ですから、気づかずに生活していることが多いです。現象と現象のつながりや変化を、相当注意深く見ていないと、根源法則は分からないし、存在がとらえられません。しか...

≫続きを読む

 

思考や感情は見守ると消える

思考や感情は見守ると消えるということについて、解説していきます。内観や瞑想の本質は、自分自身を見守ることです。では、見守ることにはどんな力があるのでしょうか。実は、見守ると、その対象に意識の光を当てることになります。そうすると、その対象が分解され、やがては消えていきます。たとえば、思考を見守り続けて...

≫続きを読む

 

利口な人は、とりこし苦労が多い

利口な人は、とりこし苦労が多いということについて、解説していきます。現在の日本には、利口な人がとてもたくさんいます。でも、利口な人は、とかく心配事が多くなりがちです。しかも、その心配事も、とりこし苦労が多いのです。日本人は、特にとりこし苦労が多いと思います。でも、現実を観察すると、実際にやってみたり...

≫続きを読む

 

形のないもの、目に見えないものが重要

形のないもの、目に見えないものが重要ということについて、解説していきます。世の中の現象のほとんどは、形あるものよりも、目に見えないもの、形の無いものによって、動いていきます。ちなみに、契約書やさまざまな書類や法律などは、形の無いものを無理に形にしたものですが、とても大きな力を持っています。人の心や根...

≫続きを読む

 

気づくことは大きな財産

気づくことは大きな財産ということについて、解説していきます。気づくとは、天からの贈り物です。あるとき、ふっと気づいたり、素晴らしい本や素晴らしい体験などから、いろいろなことに気づいたりと、そのとき、天から理解を与えられるのです。気づくと理解します。そして、理解は成長を促します。また、この世界は、魂が...

≫続きを読む

 

スシュムナー浄化法

スシュムナー浄化法について、解説していきます。クンダリニーエネルギーと呼ばれる神のエネルギーが存在します。人を超人に変化させる神秘的なエネルギーです。内観や瞑想が進み、クンダリニーエネルギーが目覚めると、尾てい骨のあたりから、頭のてっぺんに上がってきて抜けていきます。それはそれは強大なエネルギーです...

≫続きを読む

 

モバイル内観

モバイル内観ということについて、解説していきます。最近は、モバイルがおおはやりです。携帯電話やスマートフォン、タブレットやモバイルパソコンなど。携帯することができれば、わざわざ家に帰らなくても電話やパソコンができるので、大変便利です。これらの機器は、忙しい現代人の切なる要請から、必然的に出てきたもの...

≫続きを読む

 

賢人は問われれば答えるが問われなければ何も言わない

賢人は問われれば答えるが問われなければ何も言わないということについて、解説していきます。本当に賢い人は、基本的に無口であることが多いです。なぜなら、自分の持っている知識や知恵を、必要でない人にぺらぺらとしゃべっても、意味がないことを知っているからです。また、真の賢人は、右脳を通して、アカシックレコー...

≫続きを読む

 

インスピレーションは天からのメッセージ

インスピレーションは天からのメッセージということについて、解説していきます。はっと何かに気づいたら、すぐに実践するようにしましょう。なぜなら、天は、直感やインスピレーションという形で、私たちにメッセージを送るからです。直感やインスピレーションを大切にしましょう。そこには、天からのメッセージが含まれて...

≫続きを読む

 

素直さは才能の一つ

素直さは才能の一つということについて、解説していきます。素直さって何でしょうか。これは、他者の言い分を理解し、自らの進むべき道をすぐに修正できる能力です。ですから、素直さは素晴らしい才能の一つです。まず、他者の言い分を瞬時に理解し、自らの行動を修正する柔軟さを身に付けた人のみ発揮できる才能です。素直...

≫続きを読む

 

相手のない喧嘩はできない

相手のない喧嘩はできないということについて、解説していきます。喧嘩をするには、相手が必要です。でも、どんなに腹がたっても、どんなに不条理を感じても、相手が特定できない時があります。たとえば、相手が複数であったり、何らかの組織である時、また、相手が誰だか分からない時などです。どうしても喧嘩をしなければ...

≫続きを読む

 

愛を発する人物と憎悪を発する人物

愛を発する人物と憎悪を発する人物ということについて、解説していきます。愛を発する人物は、周囲に愛をふりまきます。そのため、周囲からも愛され、愛の循環がおこなわれます。そして、その人物の周囲の環境は、癒され、浄化されていきます。逆に、憎悪を発する人物は、周囲に憎悪をふりまきます。そのため、周囲からも憎...

≫続きを読む

 

内観や瞑想を行うと本当の自分が浮かび上がる

内観や瞑想を行うと本当の自分が浮かび上がるということについて、解説していきます。内観や瞑想とは、何でしょうか。内観や瞑想とは、自分を見つめ、観察することです。自分で自分を観察などできないと思う方もいるかもしれませんが、やってみてください。必ずできます。できるというよりは、そのようなつくりになっている...

≫続きを読む

 

人によって違う部分とそうでない部分

人によって違う部分とそうでない部分ということについて、解説していきます。人によって、全く違う部分と、どの人も同じ部分があります。例えば、考え方や、顔かたち、外見などは、人によって違います。似てる場合もありますが、基本的にひとりひとり違います。感情の動きも、人によって違います。今まで経験してきたことも...

≫続きを読む

 

悪い芽は早い内に摘んでおく

悪い芽は早い内に摘んでおくということについて、解説していきます。内観や瞑想を続けていると、どの行動をすると、あとでトラブルが発生するとか、どんな思いや感情が、後に苦しみを発生させるとか、事前に分かるようになっていきます。それが分かるようになれば、問題となる行動や考え、感情を、小さな芽の内に摘んでおく...

≫続きを読む

 

意識の進化と禅の十牛図

意識の進化と禅の十牛図について、解説していきます。内観や瞑想を行っていきますと意識がどんどんと進化していきますが、その進化の過程を表した、とても参考になる図があります。それは、禅の十牛図です。古来から禅に携わる人達が、命懸けで作り上げた、とても素晴らしい図です。インターネットで「禅の十牛図」で検索し...

≫続きを読む

 

物心ともに不要なものはどんどん捨てていこう

物心ともに不要なものはどんどん捨てていこうということについて、解説していきます。内観や瞑想を行うと、心の中の不要なものがどんどん取り除かれていきます。そして最後には、心の中に何も無いところまで行きます。内観や瞑想を行って、不要なものをどんどん捨てていきましょう。これは、心の中だけでなく、現実世界でも...

≫続きを読む

 

内観や瞑想とは気づきそのもの

内観や瞑想とは気づきそのものということについて、解説していきます。内観や瞑想を進めていきますと、気づきや理解がたくさん湧き上がります。なぜなら、内観や瞑想とは気づきそのものだからです。自分に気づいているということ、これが内観であり、瞑想です。自分の行動、思考、感情を見守ること、離れて観察しつづけるこ...

≫続きを読む

 

運動しながら内観することも可能

運動しながら内観することも可能ということについて、解説していきます。内観を行なうときは、静かに座って行なうか、寝転んだ状態で行なうのが、やりやすいです。でも、ある程度慣れてきて、内観の感覚がつかめてくれば、場所を選ばず、時間を選ばず内観できるようになります。体は、使わないとさびついておかしくなってき...

≫続きを読む

 

大人物は自分がなく、ただ自然に従うのみ

大人物は自分がなく、ただ自然に従うのみということについて、解説していきます。本当の大人物と呼ばれる人は、自分というものを完全に消し去っています。超越しているのです。そして、自然法則にただただ従って生きるのみとなります。内観や瞑想を行なうと、次第に自分という感覚がなくなってきます。そして、不要な思考や...

≫続きを読む

 

内観や瞑想を続けていると、あるとき爆発が起こる

内観や瞑想を続けていると、あるとき爆発が起こるということについて、解説していきます。内観や瞑想を続けていると、もちろん、人によって個人差がありますが、目安としては7年くらい行なっていると、自分の中で爆発が起こります。それはとても大きな爆発です。その爆発は、約1か月くらい続きます。背骨の一番下から、上...

≫続きを読む

 

内観や瞑想でも大切なのは継続すること

内観や瞑想でも大切なのは継続することについて、解説していきます。内観や瞑想につきましては、他の物事と同じく、続けることが非常に大切です。なぜなら、真の成長は、とてもゆっくりと進むからです。何十年と内観を続ける覚悟が必要です。一生のライフワークにしてしまってもいいくらいです。そうでないと、少しやっては...

≫続きを読む

 

内観とひらめきの関係

内観とひらめきの関係について、解説していきます。内観を行うと、多くのひらめきがやってきます。それもストレートに、頭の中にひらめきが飛び込んできます。なぜかといいますと、内観を行うと、右脳が活性化してくるからです。そして、右脳は、アカシックレコードと呼ばれる宇宙の記憶倉庫につながっているので、いろんな...

≫続きを読む

 

苦しみや悩みを取り除いていくと楽しみが現れる

苦しみや悩みを取り除いていくと楽しみが現れるということについて、解説していきます。内観や瞑想を行うと、苦しみや悩みといったものが、少しずつ、なくなっていきます。自然と落ちていきます。そして、実際のところ、あなた自身は、楽しさと喜びでできていたのだと、気づくことになります。存在の喜びです。人の内面を見...

≫続きを読む

 

社会は頭の中にあることに気づく

社会は頭の中にあることに気づくということについて、解説していきます。内観や瞑想の効果で一番大きなものは、思考は自分自身ではないと気づくことです。思考は、頭の中でぐるぐるとめぐります。そして、いろいろな葛藤や悩みを作り出します。私達、人間において、思考が一番危険な存在です。なぜなら、思考に巻き込まれ、...

≫続きを読む

 

朝早い時間は内観や瞑想にもってこいの時間

朝早い時間は内観や瞑想にもってこいの時間ということについて、解説していきます。朝早く起きると、とてもすがすがしい気分になります。また、空気がいつもよりおいしいです。この時間帯は、内観や瞑想にもってこいの時間帯です。実際に早起きした日と、朝遅くまで寝ていた日を比べてみますと、なぜか早起きした日は気持ち...

≫続きを読む

 

愛情と憎しみは同じエネルギーの裏表である

愛情と憎しみは同じエネルギーの裏表であるということについて、解説していきます。愛情と憎しみは、同じエネルギーの裏表です。深く愛せば、それが裏返ると深く憎むことになります。愛することが多い人ほど、深く愛することができる人ほど、人を憎むときは、とても強く憎みます。なぜなら、同じエネルギーを根本に持つから...

≫続きを読む

 

科学と内面的真理は究極的には同じ結論に達する

科学と内面的真理は究極的には同じ結論に達するということについて、解説していきます。昔は、科学と内面的真理は、相容れないものと考えられてきました。しかし、実際にはそうではありません。科学の探求により、数々の法則、原則が発見されていきます。そして、その法則は、物質だけに効果を及ぼすのではないのです。その...

≫続きを読む

 

現世と俗世を受け入れよう

現世と俗世を受け入れようということについて、解説していきます。私たちは、この三次元世界に、意味と目的を持って生まれてきています。ですから、現世と俗世をしっかりと受け入れる必要があります。時々、現世と俗世を受け入れられず、拒絶ばかりしている人がいます。精神世界に没頭している人に多いです。そして、心の中...

≫続きを読む

 

自己啓発は何回もの人生をかけた壮大なプロジェクト

自己啓発は何回もの人生をかけた壮大なプロジェクトということについて、解説していきます。人間修行、自己啓発には、大変長い時間がかかります。1週間や2週間がんばったから終わり、というものではありません。また、霊的な成長となれば、非常に少しずつ進みますので、霊的な完成を見るには、それはそれは膨大な時間が必...

≫続きを読む

 

内観や瞑想にてテレパシーという能力も開花する

内観や瞑想にてテレパシーという能力も開花するということについて、解説していきます。内観が進み、霊性が練れてくると、遠く離れている人の心を感じ取ることができるようになります。これは、耳で聴くのではなく、また、肉眼で見るのではありません。まさしく内的な超感覚でとらえることができるようになります。実際のと...

≫続きを読む

 

クンダリニーの爆発

クンダリニーの爆発ということについて、解説していきます。内観や瞑想が進み、充分に意識が発達してくると、クンダリニーエネルギーと呼ばれる強大なエネルギーが、仙骨あたりから頭頂めがけて登ってきます。ある時、爆発するのです。今回は、私の場合はどうだったのかを述べてみようと思います。というのも、少しでも参考...

≫続きを読む

 

インターネットはアカシックレコードと良く似ている

インターネットはアカシックレコードと良く似ているということについて、解説していきます。インターネットがどんどん広がり、検索エンジンも発達してきましたので、人々は、無限の知識を手に入れようとしています。今では、ほとんどの知識や情報は、YahooやGoogleで検索すれば、ぱっと出てきますし、どんなこと...

≫続きを読む

 

天才と凡人の違いは右脳にある

天才と凡人の違いは右脳にあるということについて、解説していきます。大脳は、左脳と右脳に分かれています。左脳は論理や言語、計算などに使われますね。そして、右脳は感覚やイメージ、音楽、芸術などに使われます。左脳が発達すればするほど、論理に長けて、論理的な話がうまくなります。しかし、理屈っぽくなっていきま...

≫続きを読む

 

ワクワクすることを実行すると霊的に成長する

ワクワクすることを実行すると霊的に成長するということについて、解説していきます。ワクワクすることは、自らの使命や役割につながっています。また、ワクワクする方向は、自分が本当に進むべき道であり、霊的に成長できる道なのです。実は、神様は、それぞれの人たちが進むべき道が分かりやすいように、ワクワクするよう...

≫続きを読む

 

インスピレーションをもとに創造と建設に力を入れよう

インスピレーションをもとに創造と建設に力を入れようということについて、解説していきます。内観や瞑想を続けていると、創造的なインスピレーションがたくさん湧いてくるようになります。考え方や感じ方も、とても前向きで建設的になっていきます。インスピレーションについては、天からの恩恵であり、ごほうびです。せっ...

≫続きを読む

 

天に語りかけると答えが返ってくる

天に語りかけると答えが返ってくるということについて、解説していきます。内観や瞑想を行っていると、気づくことがあります。それは、天に語りかけると、答えが返ってくるということです。これは、声として聞こえてくる場合もありますが、通常は、いろいろな現象を通して返ってきます。たとえば、「今の私に必要な情報を下...

≫続きを読む

 

内観や瞑想をおこなうとシンプルになる

内観や瞑想をおこなうとシンプルになるということについて、解説していきます。内観や瞑想をおこなうと、自らの心の中にある様々なガラクタが消えていきます。抑圧された思考や想念、感情などが、意識の光をあてられて湧き上がり、解消されていくからですね。闇は光と共存することはできません。光を当てると、闇は一瞬で消...

≫続きを読む

 

自らが大霊であることを思い出す

自らが大霊であることを思い出すということについて、解説していきます。内観や瞑想をおこなうと、自らが思考や感情、肉体ではないことに気づきます。そして、自らが観察者であり、大霊であることを思い出します。自らの本性を思い出しましょう。私達はみな、大宇宙意識の分身であり、天の子、神の子なのです。一人残らず、...

≫続きを読む

 

全ての出来事を霊的成長に使う

全ての出来事を霊的成長に使うということについて、解説していきます。人生を生きていると、とてもたくさんの出来事が起きます。でも、漫然と生きていると、単なる出来事として終わらせてしまい、霊的な成長もおこなえずに、時間をもったいなく使ってしまうことになります。もちろん、単に生きているだけでも、霊魂であるあ...

≫続きを読む

 

至上の徳に達した人は何も考えない

至上の徳に達した人は何も考えないということについて、解説していきます。内観や瞑想が進み、至上の徳に達した人は、何も考えません。そして、どんな思慮も用いません。無の境地です。何も考えないので、自然そのものです。宇宙そのものです。意識だけが行動の判断をします。そして、その意識は、宇宙そのものです。無限の...

≫続きを読む

 

立派な人物は高い地位についても驕らない

立派な人物は高い地位についても驕らないということについて、解説していきます。立派な人物は、高い地位についても驕ることがありません。また、低い地位についても心が卑しくなりません。なぜなら、地位というものは、あくまでも仕事の上での役割に過ぎず、人間性の高さとは、別のものであることが分かっているからです。...

≫続きを読む

 

カイロプラクティックでエネルギー通路を確保しよう

カイロプラクティックでエネルギー通路を確保しようということについて、解説していきます。内観や瞑想を進める人は、できるだけ早い内に、カイロプラクティック(脊椎矯正)に行って、背骨のゆがみを治しておきましょう。なぜなら、内観や瞑想を続けていると、あるとき爆発が起こるからです。インドでは、クンダリニーと呼...

≫続きを読む

 

観察者だけが不滅

観察者だけが不滅ということについて、解説していきます。内観や瞑想をおこなっていると、観察者をとらえられるようになります。自分の中に、観察者がいるのです。それは、ずっとそこにいたし、これからもずっとそこにいます。その観察者は、感情を持ちません。思考を持ちません。そして、平安です。平安な意識そのものです...

≫続きを読む

 

知識と知恵の違いを知る

知識と知恵の違いを知るということについて、解説していきます。知識とは、本やインターネットなどから取り入れることができる情報です。しかし、知恵とは、実際の生活に利用できるように、いろいろと工夫して編み出した方法と言えます。知識だけだと、単なる情報ですので、そのままでは使えません。自分の環境に照らし合わ...

≫続きを読む

 

内観や瞑想をおこなって生老病死を超越する

内観や瞑想をおこなって生老病死を超越するということについて、解説していきます。生きているとやがては老いが来ます。また、病気にかかることがあります。そして、生きているものは皆、いつかは死ぬ運命にあります。肉体は物質ですので、寿命があります。耐久期間ですね。また、時々、病気をしたり、壊れたりします。そし...

≫続きを読む

 

欲望は前進するためのエネルギー

欲望は前進するためのエネルギーということについて、解説していきます。欲望とは何でしょうか。それは、生きていくため、より良い生活を手に入れるために前進しようというエネルギーです。ですから、欲望を抑圧するのではなく、良く活かして、正しい方向に導いていけば、とても頼りがいのあるエネルギーとなってくれます。...

≫続きを読む

 

人はみんな神様に生かされている

人はみんな神様に生かされているということについて、解説していきます。内観や瞑想をおこなうと、いろいろなことに気づくようになります。その中でも、一番強烈に気づくことが、「生かされている」という事実です。私達ひとりひとりの意志だけで、生きているわけではないのです。もちろん、霊界にいる時から、「負の原因(...

≫続きを読む

 

優れた人物には水の性質が現れる

優れた人物には水の性質が現れるということについて、解説していきます。人格が練れた人物は、心がまるで水のようです。とても淡くて、あっさりとしています。とてもシンプルで、それでいて味わい深いのです。水は、あまり味がしません。でも、誰からも必要とされます。動植物にとっても水は必要です。よく味わってみると、...

≫続きを読む

 

知らないから恐怖がある

知らないから恐怖があるということについて、解説していきます。恐怖とは、一体何なのでしょうか。それは、自らの危険を知らせる体からの警告です。たとえば、ワニや毒蛇、野犬が現れたり、ナイフを持った強盗が襲いかかってきたりすると、私達は恐怖におののきます。恐怖に包まれた時、私達の身体は何とか生き延びようして...

≫続きを読む

 

自分のどのチャクラが動くかで相手の霊的レベルが分かる

自分のどのチャクラが動くかで相手の霊的レベルが分かるということについて、解説していきます。内観や瞑想が進みますと、心の中は、すっきり整頓され、クリアーで明瞭になります。そして、無と呼ばれるクリアーな意識だけの状態になっていきます。また、内観や瞑想を続けていると、心の中の喧騒や思考の暴走が止み、エネル...

≫続きを読む

 

自我(エゴ)を捨てると大我が現れてくる

自我(エゴ)を捨てると大我が現れてくるということについて、解説していきます。内観や瞑想を続けますと、自我(エゴ)が消えていきます。つまらない思考や感情が、どんどん消えていき、発生すらしないようになってくるのです。そうしますと、心の中に無駄なものがなくなって、ついには、無の境地に達することができます。...

≫続きを読む

 

瞑想を実践していた有名人達

瞑想を実践していた有名人達を紹介いたします。優れた経営者、スポーツ選手、ミュージシャン、映画監督、素晴らしい俳優、女優の多くが瞑想を実践してきました。● 瞑想を実践してきた有名人達スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)イチロー(プロ野球選手)マドンナ(シンガーソン...

≫続きを読む

 

マインドフルネスは瞑想を科学的に研究した技法

マインドフルネスは瞑想を科学的に研究した技法ということについて、解説していきます。マインドフルネスとは、アメリカ各地で盛んにおこなわれ始めているストレス解消の心理テクニックであります。マインドフルネスの研究につきましては、ハーバード大学心理学部のエレン・ランガー教授により長年に渡っておこなわれてきま...

≫続きを読む

 

怒ると腹が立つ理由はスヴァディスターナチャクラにある

怒ると腹が立つ理由はスヴァディスターナチャクラにあるということについて、解説していきます。怒ると、なぜかお腹のあたりがカーッとなり、怒りのエネルギーがほとばしりますよね。実は、これは、ちょうどおへその下辺りの奥の方に、丹田(たんでん)と呼ばれる人体の中枢があり、ここが怒りで爆発しているということです...

≫続きを読む

 


当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学