今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


住んでいるところが遠いほど結婚の確率が低くなる

 

 

住んでいるところが遠いほど

 

結婚の確率が低くなるということ

 

について、解説していきます。

 

 

結婚するかしないかは、

 

性格の一致不一致以外にも、

 

住んでいるところの距離も

 

関係してきます。

 

 

実は、アメリカのボッサード博士が、

 

住んでいるところが遠いほど

 

結婚の確率が低くなるということを

 

心理学実験から導き出しました。

 

 

したがいまして、科学的にも、

 

住んでいるところが遠いほど、

 

結婚の確率が低くなるということが

 

証明されているということです。

 

 

ですから、遠距離恋愛は、

 

結婚を考えた場合は、

 

非常に不利であるということを

 

覚えておいてください。

 

 

確かに、家が近ければ、

 

心理的にも妙に

 

親近感が湧きますし、

 

地元ならではの考え方や

 

習慣、季節感も一致したりして、

 

より親密度が増します。

 

 

結婚には、距離感や親密度も

 

大きな決定要因として

 

はたらくということなのです。

 

 

たとえば、隣に住んでいる人と

 

ヨーロッパなどに住んでいる人、

 

どちらが結婚しやすいかというと、

 

近くに住んでいる人ですよね。

 

 

やはり、遠い国に住んでいる人は、

 

結婚しようとすると

 

大きなプレッシャーと壁が

 

立ちはだかります。

 

 

家族や親戚縁者も、

 

遠いところに住んでいる人

 

との結婚は、

 

反対することが多いです。

 

 

したがいまして、結婚となると、

 

住んでいるところの遠い近いさえも

 

重要な要素となってくるということを

 

知っておいていただきたいと

 

思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ




関連ページ

夫婦とは原子と原子のくっついた分子のようなもの
日本でも恋愛結婚が増大し見合い結婚は大きく減少している
最近では結婚にはそれほどお金は必要ではなくなった
女性は美しければ玉の輿に乗れるチャンスが多い
夫婦も結婚前と同じ態度を続ければ良い関係が長続きする
いつまでも苗字で呼び合うのは心理的な壁がある証拠
結婚しているのに恋してしまう心理学
オスは同じメスとの性的な行為には次第に興味を示さなくなる
恋愛でも結婚でも外見は別れの直接の原因とはならない
視線を合わさず会話する夫婦は離婚する確率が高い
子供が生まれると夫婦満足度は80%減少する
結婚すると男女関係から家族関係に移行していく
夫に尽くす妻より褒めたりおねだりする妻の方がうまくいく
子供が生まれると子供中心になり夫の浮気率が高まる
妻が性的行為を拒むことで夫の不満は蓄積されていく
夫を決して馬鹿にして笑ってはいけない
夫婦といえども365日24時間一緒にいるのは辛い
男性は女性に賞賛され頼られることで頑張る生き物
男性は簡単には離婚を考えないが考え出したら行動は早い
痩せていて細ければ美しいと考えているのは女性だけ
子供ができても夫が一番大切と言い続けると離婚を防げる
子育て中は大変すぎて女性は夫の相手をしてられない
愛情があれば嫉妬するが愛情が冷めれば無視になる
男性は女性の浮気を決して許さない
離婚話や別れ話はずいぶん悩んだ結果であることが多い
倦怠期に魅力的な異性と出会うとそちらに心が移る
浮気相手は、もう一人の浮気相手を許すことが出来ない
夫の浮気には必ずきっかけと理由がある
妻とはできないプレイをしたいために外に求める男性もいる
男性のプライドを傷つけ続けると離婚危機がやってくる
子供が生まれると女性は性的な行為に興味がなくなる
夫婦生活は感謝を忘れたら離婚の危機が訪れる
結婚したら一生関係が続くと油断してはいけない
離婚するには大変な労力と精神力が必要となる
顔がそっくりな夫婦は魂の伴侶である可能性が大きい
物を長く大事にする人は古女房も大切にする
妻を喜ばせて離婚を防ぐ方法
結婚と不倫において、いい人に出会う順番に間違いはない
結婚はあくまでも社会的な手続きである
結婚も離婚も魂の学びのために用意された教材に過ぎない
離婚から何かを学ぶために、わざわざ結婚する魂も存在する
結婚すると女性は精神的に安心しリラックスする
仕事をして給料を持って帰るだけでは妻は満足しない
家庭内で妻の家事や努力を認めないと離婚の原因になる

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ