今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


手や指の動きはゆっくりと発達する

 

 

手や指の動きはゆっくりと発達する
 
ということについて、解説していきます。

 

 

赤ちゃんは、生まれたばかりの時は、
 
手や指を自由に動かすことができません。

 

 

基本的に、生まれたばかりの時は、
 
手は、ずっと握り締めたままの状態です。

 

 

しかしながら、ゆっくりと時間をかけて、
 
手や指の動きが発達してくるようになります。

 

 

生後5ヶ月ごろには、
 
親指が開くようになって、
 
物をわしづかみにすることが
 
できるようになります。

 

 

また、生後7ヶ月ごろには、

 

全ての指を開いて

 

物を握ることができるようになります。

 

 

左右の手で、物を持ち替えることも

 

できるようになります。

 

 

ただし、このころは、
 
握った物を離すことは苦手です。
 

 

ですので、このころの赤ちゃんを

 

観察していますと、

 

ずっと物を握ったままの状態に

 

なっていることが多いです。

 

 

次に、生後9ヶ月ごろになると、

 

人指し指が使えるようになって、

 

物をつまむことができるようになります。

 

 

また、左右の手に、それぞれ別の物を

 

持てるようになります。

 

 

以上のように、赤ちゃんの
 
手や指の発達については、
 
ゆっくりと進んでいきますから、
 
のんびりと見守ってあげてください。

 

 

特に、生後7ヶ月ごろは、
 
物を握ることはできても、
 
離すことは苦手で、
 
ずっと物を持ち続けることが多いですが、

 

発達障害などではなく、

 

自然な状態ですから、

 

心配しないでください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ


関連ページ

発達心理学とは何か
赤ちゃんは泣くのが仕事
赤ちゃんは表情を真似して覚える
子供のころはとても積極的かつ前向き
中学生・高校生になると心に葛藤が生まれる
発達には個人差があることを認識しておく
行動の繰り返しで思考が発達する
体格は遺伝的影響が大きい
古典的条件付けとオペラント条件付け
赤ちゃんがじっと見つめるのは好きなもの
授乳は会話のリズムの学習にもなっている
赤ちゃんは女性の声に強く反応する
赤ちゃんは発達と共に笑顔が変化していく
歩くことができるようになると世界が広がる
大人の話す言葉を真似して覚えるようになる
子供は思考の道具として独り言を話す
子供が何でもかんでも知りたがる理由
子供のうちは動物も植物も自分と同じと考えている
子供の最大の仕事は遊ぶことである
心が発達すると反抗期に入ることができる
長男長女と末っ子の性格的な違い
男らしさや女らしさは両親を見て学ぶ
子供はケンカをすることで他者との関わりを学ぶ
発達障害にはどのようなものがあるか
知的障害とは何か
脳性麻痺とはどのような障害か
広汎性発達障害とはどのような障害か
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは何か
学習障害(LD)とは何か
学校生活では他の子との比較により劣等感が生まれる
子供は集団を作りたがり社交性と役割を学ぶ
青年になるにつれて自分に関する悩みが増えていく
幼児の発達心理学について

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ