今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ゲシュタルト療法は心身一如の立場に立つ

 

 

ゲシュタルト療法は心身一如の立場に立つ

 

ということについて、解説していきます。

 

 

ゲシュタルトという言葉には、

 

総合的なひとまとまりという意味がありますが、

 

ゲシュタルト療法も、
 
人間は一つの総合的なまとまりであり、

 

決して、心と体、感覚と認知、
 
思考と感情などを別個のものとして、

 

分離して捉えてはいけないという立場に
 
立っています。

 

 

まさに、心身一如という言葉どおりなのですが、

 

実際に、心と身体は、密接に関連しあっており、

 

分離することは不可能なのです。

 

 

これまでの心理学では、

 

人間を総合的に見ると、

 

科学的な調査方法が限られてくるために、

 

あえて、認知だけ切り離したり、
 
行動だけを切り離したりして

 

研究してきました。

 

 

しかしながら、それは、あくまでも、
 
研究や調査がやりやすいように、

 

便宜的に、分離しただけなのです。

 

 

本当は、やはり人間という存在を、

 

総合的に見ていかないといけないし、

 

人間は、部分と部分の総和以上の
 
大きな働きを示すものです。

 

 

実際に、心が病んでいますと、
 
身体にも不調が現れます。
 

 

逆に、身体に不調があると、
 
心も病んできます。

 

 

ストレスから来る胃潰瘍などは、

 

その典型的なものですが、

 

最近のスポーツ心理学の研究によりますと、

 

心のストレスを取り除いてやると、

 

怪我でできた傷が、
 
何と4倍以上のスピードで回復するということも

 

分かってきています。

 

 

いかに、心と身体が密接に
 
関連しているかが分かると思います。

 

 

したがいまして、ゲシュタルト療法では、

 

このような心と体の関連性を、
 
しっかりと取り入れて、

 

心身一如の立場を取っている
 
ということなのです。

 

 

そして、ゲシュタルト療法では、

 

心の病を癒すために、
 
身体の不調にも注意を向け、

 

身体の不調を取り除くために、
 
心にもアプローチしていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ



 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ