今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


小児の発達障害にはどんなものがあるのか

 

 

小児の発達障害にはどんなものがあるのか

 

解説していきます。

 

 

小児の発達障害には、

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)、
 
アスペルガー症候群、自閉症などがあります。

 

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)につきましては、

 

注意散漫で、物事に集中することができず、

 

いつも動き回っていて、

 

時に衝動的な行動をしてしまうという

 

発達障害です。

 

 

LD(学習障害)につきましては、

 

知能に異常は見られないのですが、

 

読み、書き、計算、話す、
 
推論するなどの基本的な作業のうち、

 

どれか一つ、もしくは、

 

複数が非常に苦手で、

 

発達が遅れる障害です。

 

 

アスペルガー症候群につきましては、

 

こちらも知能に異常はないのですが、

 

他者の気持ちを理解することができず、
 
コミュニケーションに支障を来たす障害です。

 

 

学生時代は、
 
成績優秀な子供であることが多く、

 

社会に出てから、アスペルガー症候群に

 

かかっていることに気づくことが多いです。

 

 

自閉症につきましては、

 

脳の障害が原因で、
 
言葉を正常に話すことができなかったり、

 

言語機能の発達が遅れて、

 

他者とのコミュニケーションが取れず、

 

自分の殻に閉じこもってしまう障害です。

 

 

他者と視線を合わせなかったり、
 
同じ言葉を何度も話したり、

 

同じ行動を何度もおこなうなどの

 

症状も出ます。

 

 

以上のように、子供の発達障害の中には、

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)、
 
アスペルガー症候群、自閉症などがあります。

 

 

もちろん、他にも色々ありますが、ここでは、

 

主要なものを紹介しました。

 

 

臨床心理学におきましては、

 

このような小児の発達障害についても研究し、

 

取り組んでいきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ


関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
来談者中心療法とはどのようなものか
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
森田療法とはどのようなものか
グループ療法とはどのようなものか
家族療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
箱庭療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か
心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ