今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


消費者金融の過払い請求は金運減少により発生した

 

 

消費者金融の過払い請求は
 
金運減少により発生した

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

バブル時代より台頭してきた

 

消費者金融は、高い金利により、

 

巨大企業へと発展いたしました。

 

 

この時、利息制限法により、

 

利息の上限が決まっていましたが、

 

それを超えても

 

刑事罰はありませんでしたから

 

消費者金融は、その上限を守らず、

 

高い金利でお金を貸していました。

 

 

別の法律である出資法では、

 

年29.2%を超えると

 

刑事罰がありましたので、

 

消費者金融は、

 

年29.2%を超えなければいいと

 

考えていたのです。

 

 

しかし、最高裁判所の判決により、

 

利息制限法を超える金利を

 

払っていた場合は、

 

その代金を元本の支払に

 

充当することができ、

 

払いすぎた利息は、

 

返してもらえるように

 

なりました。

 

 

そして、多くの人たちが、

 

弁護士や司法書士を通して、

 

過払い請求をおこなうようになり、

 

消費者金融には、
 
莫大な支払いが発生し、

 

大企業になっていた

 

消費者金融のほとんどが、

 

倒産、および、莫大な借金の

 

返済に追われるように

 

なりました。

 

 

いつも借金の取り立てに

 

躍起になっていた企業が、

 

今度は、自分が借金の取り立てで

 

追い回されるようになったのです。

 

 

まさに、鏡の法則が

 

はたらいています。

 

 

さて、この現象について、

 

徳と金運の観点から
 
見ていきますと

 

消費者金融は、高い金利により

 

多くの金運を失っていき、

 

金運がマイナスになった時に、

 

過払い請求が本格的に

 

始まったと見ます。

 

 

また、過剰な取り立てにより、

 

社会に恐怖を与えたため、

 

その分の徳を失っていきました

 

 

社会に恐怖や心配を与えますと

 

徳が減少するのです。

 

 

消費者金融の代表者、

 

従業員の徳と金運が

 

十分であった時は、

 

高い金利での貸し出し

 

サービスでも

 

成り立っていましたが、

 

金利をもらいすぎた分、

 

金運の大幅な減少を
 
招いたのです

 

 

この世界には、

 

金運というものが

 

存在しますので、

 

もらいすぎた分は、

 

金運の減少を招きます

 

 

ですから、消費者金融が
 
高い金利での貸し出しを

 

おこなえばおこなうほど、

 

ものすごい勢いで、

 

消費者金融の代表者や

 

従業員の金運が減少して

 

いったのです。

 

 

もちろん、最後には、

 

金運が減少しすぎて、

 

マイナスになってしまいました。

 

 

また、金運がマイナスに
 
なった時点で、

 

高い金利での貸し出しを

 

すぐにストップすれば、

 

被害も少なかったのでしょう。

 

 

しかしながら、

 

金運は目に見えませんし

 

企業活動は、急には

 

ストップすることができません。

 

 

そのため、金運がマイナスに

 

なっているにも関わらず、

 

高い金利での貸し出しを

 

止めることができず、

 

ものすごい勢いで、

 

金運のマイナス量が
 
増加してしまったのです

 

 

そして、気づいた時には、

 

金運が莫大なマイナス

 

なってしまっていました。

 

 

金運がマイナスになると、

 

お金を失い、

 

借金が増えるように、

 

金運の神霊がはたらきます。

 

天の采配が下るのです

 

 

その結果、

 

莫大な金運のマイナスを

 

埋め合わせるために、

 

多くの人たちから、

 

過払い請求を受けて破産し

 

さらには、莫大な借金を

 

かかえることに

 

なってしまったのです。

 

 

以上のように、

 

企業活動におきましては、

 

いつも、価値以上のお金を
 
もらいすぎていないか

 

確認する必要があります。

 

 

もし、もらいすぎている
 
状態が続きますと

 

金運の大幅な減少により、

 

破産、倒産を引き起こし、

 

莫大な借金を抱えることに

 

なるのです。

 

 

ですので、

 

企業活動をおこなっている人は、

 

いつも、適正利益をチェックする
 
ようにしましょう

 

 

もらいすぎは、破滅への

 

第一歩なのですから。

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ




関連ページ

徳を積むと成功して幸せをつかみやすくなる
徳を積むと魅力がアップして人気が出る
人気が出た芸能人が急落するのは徳が減ったため
徳を積むと天界に入ることができる
徳が多くなるとオーラも巨大になる
徳が減ると病気になり才能が低下する
金運というものが存在している
金運がマイナスになると失業しやすくなる
この世界は階層構造になっている
株式投資や為替、先物などで儲けると金運を失う
マスコミやメディアなどでの露出を控える
安物買いをおこなうと金運を失う
誰かに何かをしてもらうと徳を消費する
質問して価値ある回答をもらうと徳を消費する
徳をもって業念(カルマ)を中和できる
徳と金運を積む方法のまとめ
価値を受け取った分の徳を失う
金運はオーラに記録される
貨幣経済の不公平は金運が調整してくれる
創造神界に入ったら徳を生成できる
大量の徳を生成できれば台風や伝染病さえも消去できる
「全ては一つ」を意識すると徳が増える
癌や統合失調症の原因は莫大な業念
徳高き人物が動けば無数のさざ波が発生する
政治家に選挙貧乏が多い理由は金運にある
社会や他者の心を軽く明るくしてあげると徳が増える
他者や社会に恐怖や迷惑を与えると徳が大幅に減少する
徳を積んでいる人には他者を圧倒する風格が備わる
お金や名誉があっても徳を積んだ人にはかなわない
持っている知識や知恵は出し惜しみせずに他者に与える
金運が多い人にはアイデアや閃きが多くやって来る
願望実現にはプラス発想だけでなく徳のエネルギーも必要
徳で感化する
徳が才能を支配する主人にしておかないとならない
徳を拠り所として生きていても時として不遇の時がある
人徳が備わると話さなくても人が慕い寄って来る
なぜ無欲な人が豊かになるのか
給料の倍、働こう
利益を得るのに人より先に得ようとすると失敗する
徳はあらゆる組織が繁栄する根本である
人生の豊かさと幸せを保証してくれるのは徳と金運だけ
金運の観点から見ると株や為替より不動産投資が良い
お金や不動産を保有し続けると徳や金運が減っていく
老齢になっても来世のために才能を磨き続ける
来世のために寄付をして徳と金運を積んでおく
感謝すると徳が積まれる
人類に貢献し徳を積むと未来に生まれ変わりやすい
人類に害を及ぼし徳を減らすと過去に生まれ変わりやすい
アイデアや閃きは徳を対価として与えられる
超能力や霊能力を使うと徳を大量に消費する
高度な理解には大量の徳を必要とする
徳が多ければ多いほどたくさんの知恵が湧いてくる
徳のエネルギーは他者に提供することができる
アイデアや閃きを使う仕事は徳の消費量が多い
高度な理解力を使う仕事は徳の消費量が多い
芸能人など大人数グループになると勢いが出やすい理由
大企業であっても金運がマイナスになると倒産する
妊娠中絶は莫大な徳を失い統合失調症の原因の一つとなる

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ