今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


NLP実践心理学とは何か

 

 

NLP実践心理学とは何かについて、

 

解説していきます。

 

 

NLPとは、Neuro-Linguistic Programming、

 

すなわち、神経言語プログラムのことです。

 

 

そして、NLP実践心理学とは、

 

NLPと呼ばれる神経言語プログラムを使って、

 

実践現場に役立つ心理学のことです。

 

 

人間の心身には、
 
神経言語と呼ばれる仕組みがあり、

 

体験と反応をまとめて記憶に

 

プログラムされています。

 

 

たとえば、大きな犬に噛まれて
 
痛い思いをした場合、

 

犬に噛まれた体験のイメージと、

 

痛い思いをしたマイナスの感情が、

 

神経や脳に記憶されるのです。

 

 

これは、全ての人間に
 
備わっている機能ですので、

 

特定の人だけにあるものでは

 

ありません。

 

 

そして、このように、

 

体験のイメージと反応を記憶することで、

 

次に同じような危機が訪れた場合に、

 

恐怖を感じて防衛体制が瞬時に
 
整うようになるのです。

 

 

したがいまして、

 

人間が自分の身を守るために獲得してきた、

 

身体防衛上の優れた機能である

 

ということができます。

 

 

もし、この機能がなければ、
 
人類は、これまで生き延びて来れず、

 

どこかで種の保存ができなくなって

 

しまっていた可能性が十分にあります。

 

 

しかしながら、この防衛反応である

 

神経言語プログラムが、

 

時に、恐怖症という形で出てしまい、
 
我々人間を苦しめて、

 

日常生活に支障を来たしてしまうことが

 

あります。

 

 

たとえば、上述した犬に噛まれた例であれば、

 

とっても小さくてかわいい犬なのに、
 
非常に恐れたり、

 

犬の写真や映像を見ただけで恐怖に

 

すくんでしまったり、

 

犬が怖いからと言って、

 

家の中に閉じこもったりしてしまうのです。

 

 

これでは、非常に困りますから、

 

NLP、すなわち、神経言語プログラムを
 
編集し、上書きし、記録しなおすことによって、
 
恐怖症を克服したり、

 

プラスの行動を促したり

 

できるようになります。

 

 

そして、NLP(神経言語プログラム)を
 
うまく使って、恐怖症の克服や、

 

仕事や学校の現場でスムーズな活動が

 

できるように支援する目的で作られたのが、

 

NLP実践心理学なのです。

 

 

実践心理学と銘打ってあるように、

 

机上の空論ではなく、

 

現場ですぐに役立つ実践的な心理学です。

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ




関連ページ

プログラムはインパクトと繰り返しにより作られる(NLP実践心理学)
リフレームで心理を改善するテクニック(NLP実践心理学)
記憶と反応はハードディスクのように上書き可能(NLP実践心理学)
アソシエイト状態とディソシエイト状態(NLP実践心理学)
サブモダリティーチェンジで恐怖症を克服する(NLP実践心理学)
焦点化の法則を使って感情をコントロールする(NLP実践心理学)
出来事そのものは無色透明(NLP実践心理学)
無意識は意識の2万倍以上のパワーがある(NLP実践心理学)
安全と安心が感じられると心を開いてくれる(NLP実践心理学)
脳は現実とイメージの区別がつかない(NLP実践心理学)
脳内プログラムは「快・痛みの原則」にて作られる(NLP実践心理学)
無意識は安全と安心を求める(NLP実践心理学)
人間は常に実体のないイメージに苦しめられている(NLP実践心理学)
ラポール(信頼関係)を作る方法(NLP実践心理学)
言葉を深く受け取ってもらえないと意味がない(NLP実践心理学)
人間は自分の体験を基盤として考える(NLP実践心理学)
ペーシングの技法を使って好意を持ってもらう(NLP実践心理学)
リフレーミングを使うと相手の心を瞬時に変容させる(NLP実践心理学)



引き寄せの法則オススメ教材




 
トップページ 電子書籍一覧 オススメ教材 鏡の法則について