今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


鐘は小さく叩けば小さく鳴り大きく叩けば大きく鳴る

 

 

鐘は小さく叩けば小さく鳴り

 

大きく叩けば大きく鳴るという

 

ことわざについて、解説していきます。

 

 

人間関係においては、

 

日々、いろいろな人と出会います。

 

 

そこで、何かを人に頼むとき、

 

協力を依頼するとき、

 

相手の人物の大きさを

 

知りたいときがあります。

 

 

そんなときは、どうすればいいでしょうか。

 

 

そんなときは、大きな質問を

 

投げかけてみるのです。

 

そして、大きな仕事を依頼してみるのです。

 

 

そのときの相手の反応で、

 

その人物の大きさがわかります。

 

 

鐘は、小さく叩けば小さく響き、

 

大きく叩けば大きく響きます。

 

 

小さく叩いても、他の人と同じ答えが

 

出てくるだけで、

 

その人物の大きさを知ることはできません。

 

 

しかし、大きく叩けば、

 

大きな人物であれば、

 

大きな答えが返ってくるし、

 

実際に行動で協力してくれるでしょう。

 

 

小さな人物を大きく叩くと、

 

許容量を超えますので、

 

怒り出すか、できない・わからないと

 

あっさり断るか、おおいに取り乱すか、

 

どちらにしても交渉はこじれるでしょう。

 

 

人物を知るためには、

 

大きく叩いてみるべきです。

 

 

もし、部下の人物の大きさを知りたいなら、

 

大きな仕事を任せてみるとわかります。

 

その時の反応をよく観察しておきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学