今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


船頭多くして船山に登る

 

 

船頭多くして船山に登るということわざ

 

について、解説していきます。

 

 

船頭が多ければ、

 

船はどちらにいけばいいのか、

 

迷いに迷って、山に登ってしまう

 

ということわざがあります。

 

 

ひとつのチームに、

 

リーダーが複数いたとすれば、

 

方向がまとまらずに、

 

全体の進むべき方向が

 

わからなくなります。

 

 

構成員は、戸惑います。

 

「いったいどちらにいけばいいんだ」と。

 

 

そして、船であれば、

 

違う方向に行ってしまい、

 

しまいには、山にまで登ってしまったり、

 

チームであれば、違う方向に進んだり、

 

チーム全体がトラブルに

 

巻き込まれたりします。

 

 

船頭は一人でいいのです。

 

口を出す人が増えれば増えるほど、

 

意見はまとまりません。

 

 

ですから、組織には、

 

リーダーが一人いるのです。

 

 

皆が口々に意見を言い出せば、

 

話はまとまりません。

 

 

確かに、組織にはどうしても

 

リーダーが必要です。

 

 

リーダーがいないチームは、

 

頭が存在しないようなものです。

 

 

しかしながら、リーダーが複数いるのは、

 

頭が複数あるようなものです。

 

 

もし、リーダー的存在が複数いる場合は、

 

組織構築の知恵として、一人に絞りましょう。

 

そうでないと、組織はばらばらのままです。

 

 

そのままだと、チームは

 

とんでもない方向に行ってしまいますよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

笑う門には福来る
案ずるより生むが易し
言いたい事は明日言え
医者の不養生
女心と秋の空
するのは失敗何もしないのは大失敗
捕らぬ狸の皮算用
能ある鷹は爪を隠す
風の中で育った木は根が強い
才子、才に倒れる
悪妻は百年の不作
朝起きは三文の徳
悪縁契り(ちぎり)深し
禍を転じて福となす
蒔かぬ種は生えぬ
悪事身にかえる
情けは人のためならず
人のふり見て我がふりなおせ
弱い犬ほどよく吠える
捨てる神あれば拾う神あり
贅沢の上に贅沢を求める人間は生涯満足することはない
禍(わざわい)は口から
急いては事を仕損じる
貸し借りは他人
明日は明日の風が吹く
壁に耳あり障子に目あり
長いものには巻かれよ
寄らば大樹の陰
言動一致
鐘は小さく叩けば小さく鳴り大きく叩けば大きく鳴る
疑うなら依頼しない。依頼するなら疑わない
約束は遅く、履行は早く
遠い親戚より近くの他人
無くて七癖
郷に入っては郷に従え
その日の労苦は一日にて足れり
多芸は無芸
住めば都
思い立ったが吉日
朝顔の花一時
諦めは心の養生
馬の耳に念仏
亀の甲(こう)より年の劫(こう)
高嶺(たかね)の花を羨(うらや)むより足元の豆を拾え
畳の上の水練(すいれん)
商いは牛のよだれ(あきないはうしのよだれ)
当たって砕けよ

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学