今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


チャールズ・ダーウィンの進化論

 

 

チャールズ・ダーウィンの進化論について、

 

解説していきます。

 

 

チャールズ・ロバート・ダーウィンは、

 

イギリスの自然科学者、

 

地質学者、生物学者であり、

 

種の形成理論を構築した

 

偉大な人物です。

 

 

地球上の全ての生き物が、
 
自然選択というプロセスを経て、

 

長い期間をかけて、

 

進化してきたことを解明しました。

 

 

この発見は、現代生物学の基盤を

 

なしています。

 

 

そして、彼の中心的な学説である
 
「進化論」については、

 

生物は、長い時間をかけて進化し、

 

変化してきたという考えに基づいて、

 

その結果、現在は、地球上に

 

多種多様な生物が存在しているのだという

 

結論にいたっています。

 

 

彼は、生存競争に打ち勝ち、
 
その時の環境に適応できた種のみが、

 

子孫に遺伝子を残すことができ、

 

それを繰り返すことで、

 

より適応能力の高い種が

 

生まれていくとしました。

 

 

逆に、生存競争に勝てなかった
 
弱い種は滅び、

 

環境に適応できなかった種は、

 

子孫に遺伝子を残すことが

 

できなかったのです。

 

 

進化心理学では、
 
チャールズ・ダーウィンの進化論を基盤として、

 

人間心理の謎に迫っていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学