今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


オスはバラマキ戦術、メスは限定戦術を使ってきた

 

 

オスはバラマキ戦術、メスは限定戦術を
 
使ってきたということについて、

 

解説していきます。

 

 

進化心理学では、人類の祖先は、

 

オスはバラマキ戦術、
 
メスは限定戦術を使ってきたと

 

考えています。

 

 

オスは、自分の精子をできるだけ
 
多くのメスにばら撒くことで、

 

遺伝子を子孫に伝えようとしてきました。

 

 

また、メスは、少数の自分の子供だけを
 
しっかりと育て上げて、

 

数は少なくても、確実に遺伝子を

 

子孫に伝えるという、

 

限定戦術を使ってきました。

 

 

そして、これらの戦術は、
 
現代の人間の本能にも、
 
しっかりと刻み込まれています。

 

 

したがいまして、基本的には、
 
人間の男性は、浮気っぽく、
 
複数の女性を相手にすることができます。

 

 

これは、進化心理学の観点から考えますと、

 

祖先がおこなってきたバラマキ戦術の
 
影響です。

 

 

逆に、人間の女性は、
 
一人の男性を愛して、
 
その子供だけをしっかりと
 
育て上げようとします。

 

 

もちろん、全ての男性が浮気っぽく、
 
全ての女性が浮気をしないと
 
言っているのではありません。

 

 

しかしながら、本能的には、

 

男性は複数の女性を相手にしたい
 
という心理を持っており、
 
女性は選んだ男性の子供だけを
 
育てたいという心理を持っているのです。

 

 

このようなことから、

 

進化心理学では、
 
男性と女性の恋心には、
 
違いがあるとしています。

 

 

そして、男性よりも、
 
女性が嫉妬深いのは、
 
祖先が取ってきた限定戦術という
 
本能からの影響があります。

 

 

女性としては、選んだ男性との

 

子供だけを育てたいし、

 

男性から、この子供を育て上げるだけの
 
資源を供給してもらいたいのです。

 

 

ここでいう資源とは、

 

子育てに必要になる食べ物や水であり、

 

人間世界で言いますと、
 
経済的なバックアップや子育てに
 
関するサポートです。

 

 

しかしながら、男性が、
 
他の女性にうつつを抜かすと、
 
それらの資源が、
 
他の女性に取られてしまうことに
 
なります。
 

 

そのことを、本能が感じるために、

 

激しい嫉妬感情を示すのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ