今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


一夫一妻制のもとではオスの弱体化が発生してきた

 

 

一夫一妻制のもとではオスの弱体化が
 
発生してきたということについて、

 

解説していきます。

 

 

最近の日本では、男性が弱くなり、
 
女性化現象さえも始まっています。
 

 

男性が化粧をしたり、

 

おしゃれに気を使ったり、

 

身体も華奢で、男性の弱体化が

 

言われるようになってきています。

 

 

では、どうして、

 

男性が弱くなってきているのでしょうか。

 

 

実は、進化心理学では、
 
一夫一婦制が、オスを弱体化させたと
 
考えています。

 

 

人類の祖先におきましては、
 
強い男性に女性が群がっていき、

 

強い男性は、たくさんの女性との間に

 

子供を生みました。

 

 

そして、弱い男性は、
 
女性が寄ってこないために、
 
子孫を残すことはできなかったのです。

 

 

そのため、自然淘汰により、
 
強い男性の遺伝子だけが生き残り、

 

男性は、進化の歴史において、

 

どんどん強くなってきたのです。

 

 

しかしながら、現代日本では、
 
一夫一婦制となっておりますので、

 

強い男性に女性が群がっても、

 

結婚できませんから、

 

弱い男性にも、パートナーとしての女性が

 

寄って来るようになりました。

 

 

そうしますと、弱い男性の遺伝子も、
 
子孫に受け継がれていきますので、

 

何代にも世代交代をおこなっていくことによって、

 

男性がどんどん弱体化してきたのです。

 

 

このように、進化心理学では、
 
一夫一婦制が、オスの弱体化を
 
促進してきたと考えています。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ