今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


人生はシンプルなものである(アドラー心理学&個人心理学)

 

 

人生はシンプルなものである
 
(アドラー心理学&個人心理学)

 

ということについて、解説していきます。

 

 

アドラー心理学では、
 
「人生はシンプルである」と

 

言っています。

 

 

そして、人生が複雑に見えるのは、

 

自分自身で複雑に
 
考えているだけなのです。

 

 

人間は、色んな思考やイメージを
 
作り出すことができますから、

 

この世界に、様々な心理的投影を

 

おこないます。

 

 

うまくいかない理由を並べ立てたり、
 
自分なりの複雑な理論を
 
組み立てたりするため、

 

余計に複雑で、

 

生きづらい人生にして

 

しまっているのです。

 

 

そして、人生を複雑にする
 
根本的な原因は、

 

24時間、絶え間なく続いている

 

思考です。

 

 

思考が続いている限り、
 
人生は非常に複雑なものとなり、

 

ややこしいものとなってしまうのです。

 

 

そうではなく、人生をしっかりと観察し、
 
思考に流されず、目的をきちんと定めて、

 

言い訳をせずに進んでいくようにすれば、

 

途端に、人生はシンプルなものに

 

なっていきます。

 

 

実際、この世界は、
 
シンプルなものが積み重なって、

 

複雑な様相を呈しているだけです。

 

 

どんなに複雑に見えることも、

 

紐解いていくと、

 

シンプルなものが重なり合っている
 
だけであることが

 

お分かりいただけると思います。

 

 

したがいまして、もし、

 

複雑な問題にぶつかったなら、

 

その問題を分解していって
 
みてください。

 

 

そうしますと、驚くべきことに、

 

全て、シンプルな問題がからまって、

 

複雑な問題に見えていただけ
 
ということを発見することでしょう。

 

 

人生は、非常にシンプルなものです。

 

複雑に見えているのであれば、

 

問題を分解して、

 

シンプルな法則が流れているだけ

 

であることを理解しましょう。

 

 

ちなみに、人生に流れている

 

シンプルな法則とは、鏡の法則です。

 

 

アドラーは、鏡の法則については、
 
言及しませんでしたが、

 

せっかくの機会ですので、

 

伝えておきますね。

 

 

人生に流れているシンプルな法則は、

 

鏡の法則であり、

 

自分の内面で考えたことや
 
イメージしたことが現実化する法則です。

 

 

そして、他者に対してしたことが、
 
自分自身に必ず返ってくるという法則
 
なのです。

 

 

鏡の法則を理解すれば、
 
人生は、驚くほどシンプルになります。

 

良いことを想い、他者に親切にして

 

あげるとよいというシンプルなことが、

 

全ての問題の解決につながっています。

 

 

自分が他者に対して

 

おこなった言動や想いが、

 

後で自分自身に全て

 

返ってくるようになっているのです。

 

 

また、常に心の中で

 

イメージしたり考えることは、

 

やがて実現します。

 

 

これらのことを理解すると、

 

とてもすごいことが

 

できるようになります。

 

 

すなわち、鏡の法則を

 

上手に使いましたら、

 

自分の周囲の環境は、

 

思いのまま自由自在に

 

変える事ができる

 

ということです。

 

 

これって、ものすごい

 

ことですよね。

 

 

変えられないと

 

思っていた環境が、

 

本当は自由自在に

 

変える事が出来るなんて、

 

ものすごいことです。

 

 

実は、我々人間の霊魂は、

 

神様の分け御霊(みたま)

 

であります。

 

 

神様の分身でありますから、

 

神様の能力も等しく

 

身につけているのです。

 

 

そして、その能力の一つが

 

環境を創造する力です。

 

 

我々人間は、

 

自分の周囲の環境を

 

自由自在に変える事が

 

できる創造力を

 

授かっているのですね。

 

 

しかしながら、

 

それに気づいていない人が

 

非常に多いです。

 

 

気づいていないから、

 

その能力をコントロールできず、

 

逆に、その能力に翻弄されて、

 

おかしなことになっているし、

 

その能力に気づいてないから、

 

不平不満を言い合って

 

ストレスを解消したり、

 

夜の居酒屋で愚痴を言って

 

ばかりの人生などを

 

送ってしまうのです。

 

 

まずは、自分の周囲の環境は、

 

自分で変えることができる

 

ということに気づきましょう。

 

 

では、具体的には

 

どうすれば自分の周囲の

 

環境を変えることができるか。

 

 

一つ目のアプローチは、

 

自分の心の中のイメージを

 

変える事です。

 

 

豊かになりたいのなら、

 

自分が豊かになったイメージを

 

心に描くのです。

 

 

幸せになりたいのなら、

 

自分が幸せになったイメージを

 

心に描くのです。

 

 

人間関係を円滑にしたいなら、

 

自分が人間関係を円滑にしている

 

イメージを心に描くのです。

 

 

人間の心の中は、

 

未来を創造します。

 

 

心の中には、

 

未来が入っていると

 

考えてください。

 

 

ですので、常に心の中で

 

イメージしたり考えることは、

 

神様に与えられた創造力が

 

はたらいて、

 

この物質世界に現実化する

 

ことができるのです。

 

 

心の中を憎悪や恨み、

 

不平不満や愚痴で

 

満たしてはいけません。

 

 

それは、憎悪と怨み、

 

不平不満や愚痴で

 

未来を創造している状態です。

 

 

その結果、

 

残念な未来と環境が

 

生み出されるのは

 

必然となります。

 

 

そうではなくて、

 

心の中を豊かさと幸せ、

 

平安のイメージで

 

満たすようにしてください。

 

 

最初は努力が必要ですが、

 

元々持っている能力ですから、

 

すぐに楽しんでできるようになり、

 

やがては、努力ですら

 

なくなります。

 

 

次に、二つ目のアプローチとして、

 

他者に対しておこなったことが

 

自分に必ず後で跳ね返ってくる

 

という鏡の法則の作用も

 

上手に使いましょう。

 

 

具体的に言えば、

 

他者を傷つけず、

 

他者に迷惑をかけず、

 

他者から奪わないように

 

するということです。

 

 

また、他者を幸せで豊かにし、

 

他者を元気で明るくできるように
 
懸命に努力し、実践するのです。

 

 

そうしますと、鏡の法則の

 

作用によりまして、

 

全てあなた自身に返ってきて、

 

あなたにも幸せで豊かで元気で

 

明るい環境が創造されます。

 

 

以上のことから、

 

鏡の法則を使えば、

 

遅かれ早かれ、

 

人生や自分の周囲の環境は

 

自由に創り出せることを

 

ご理解いただけると

 

思います。

 

 

あなたも含めまして、

 

人類全員が一人残らず、

 

神様の分け御霊であり、

 

創造力というすごい力を

 

与えられているということを

 

思い出してください。

 

 

世の中の成功者は、

 

それに気づいて、

 

上手に使っただけです。

 

 

あなたも成功できるし、

 

豊かで幸せになることが
 
できますし、宇宙や神様も
 
それを望んでいます。

 

 

また、イメージするのも
 
他者に親切にすることも

 

基本的には無料で
 
出来ることです。

 

 

ですから、今すぐにでも

 

始めていきましょう。

 

 

経済力がついてきたら、

 

お金をかけて

 

他者に親切にしたり、

 

他者を豊かにしたり、

 

他者を喜ばせていけば

 

良いでしょう。

 

 

そうすれば、加速度的に、

 

あなたに返ってくる豊かさと

 

幸せの量が増大します。

 

 

それが、ビジネスの

 

本質となります。

 

 

ビジネスとは、お金をかけて

 

他者を喜ばせた分、

 

幸せと経済的な豊かさが

 

何倍にもなって返ってくることを

 

目的とした活動なのです。

 

 

本来、人間には無限の可能性が

 

あります。

 

 

神から授かった創造力と想像力が

 

ありますから、本当は何でもできる

 

のです。

 

 

しかしながら、人間は誰しも、自分の

 

可能性を自分自身で押さえつけて

 

しまっているのです。

 

 

特に、人生は複雑なんだと考えたり、
 
自分に対する固定観念に

 

縛られることが、最も自分の可能性を

 

狭めてしまうし、壊してしまうのです。

 

 

ですから、自分に対する固定観念には、

 

くれぐれも注意しないし、あまり、
 
人生を複雑に考えてはいけないと

 

いうことであります。

 

 

「私は~である」「私は~だ」と

 

いった思考とイメージに、十分に

 

気をつけないといけないだけ
 
なのです。

 

 

逆に、「私は~である」「私は~だ」

 

という自己イメージを上手に使えば、

 

あらゆる可能性を開くことができます。

 

 

自己イメージを自由自在に

 

コントロールできるようになれば、

 

まさに、この世界において、

 

好きに自分を変化させて、

 

自由自在かつシンプルに生きられる

 

ということであります。

 

 

いずれにしましても、

 

「私は~である」「私は~だ」と

 

いった思考とイメージには、十分に

 

気をつけるようにしていきましょう。
 
 
そして、他者を傷つけず、

 

人生をシンプルな視点でとらえて、

 

元気に生きていってください。
 
 
 
 
 

スポンサーリンク




関連コンテンツ


関連ページ

アルフレッド・アドラーという人物の経歴
人生の意味は自分で決める
嫌われる勇気を持つ大切さ
教育では勇気づけることが大切
無能力に対する劣等感が問題行動の原因
問題行動の目的は大人の注目を引くこと
子育てでは原因より目的が大切
子供の問題解決能力を信じて見守ること
子供に結末を体験させる重要性
子供の課題を親がやらないこと
あなたは今したいことをしているか
他人の目を気にするな
できるだけ子供には自分で判断させる
失敗を恐れないことが何よりも大切
他者のために生きているのではない
自分に価値があると思えた時だけ勇気が持てる
自分を好きにならない限り幸福にはなれない
自分の内なる声に従う勇気を持とう
人間の悩みは全て対人関係の悩みである
まず目的があり手段が考え出される
人から幸福と見られるだけでは意味がない
与えられているものをどう使うかが重要
親の期待を満たす必要はないことを再認識する
進路、結婚相手、職業の選択は子供自身の課題
自分の価値は他者への貢献によって得られる
人生の課題から逃げていては幸福にはなれない
理由なくデートに遅れる相手と結婚してはならない
劣等感は課題から逃げるための単なる口実
甘やかしとは子供の課題を親がやってしまうこと
自分の課題は自分で行い助けが必要な時だけ頼る
親に結婚を反対されても知ったことではない
競争しない生き方をする
好きなことに対する努力は努力とは言わない
自分が正しいと信じたことを言う責任を取ろう
病気をすると世界への見方が大きく変わる
あらゆる関係は対等でなければならない
分業は男女に分かれていることから始まった
世界は危険に満ちていると考えすぎないこと
人間関係では共感する能力が大切である
ありのままの自分でいること
本当に自分を生きれば嫌われることもある
人生の快適さと不快さを共に受け入れること
自分を違う角度から見てみることも大切
人間誰しも一人では生きられない
人生最後の試練は加齢と死を恐れることである

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ