今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ピグマリオン効果を学校で使う

 

 

ピグマリオン効果とは、

 

教える側が期待を持って教えることにより

 

学習者の成績が向上するという効果のことです。

 

 

ギリシャ神話に出てくるピグマリオン王が、

 

恋焦がれていた女性の彫像を作りました。

 

 

そして、そのあまりにも強い期待に共鳴し、

 

アフロディテという神が、

 

女性の彫像を人間に変えてくれた
 
というお話があるのですが、

 

これが名前の由来です。

 

 

要するに、誰かに教える場合は、

 

しっかりと期待して

 

あげてくださいということです。

 

 

学生であっても、誰かに教えたり
 
指導しないといけない立場

 

なることは多いです。

 

 

たとえば、誰かの勉強の指導を
 
することになったり

 

クラブ活動で後輩ができたりなど。

 

 

そんな時、ただ漫然と教えたり

 

指導するのではなく、

 

しっかりと彼もしくは彼女の成長を
 
期待してあげてください

 

 

期待されていることが分かると、

 

俄然、気合が入りますし、

 

何とかして期待に応えようと
 
必死になります

 

 

そして、期待されない場合に比べると

 

ものすごく成長するということなのです。

 

 

また、期待しているということは、

 

心に思っているだけでなく、

 

どんどん口に出して伝えるようにしましょう

 

 

君には素質がある。期待しているよ」とか、

 

「僕は君にとても期待しているんだ。

 

 がんばってね」とか、

 

期待していることをはっきりと伝えましょう。

 

 

もちろん、心に思っているだけでも、

 

期待されていることは、

 

雰囲気で分かりますし、
 
言葉や行動のはしばしに現れるものです

 

 

しかしながら、鈍感な生徒の場合、

 

期待されていることにすら

 

気付かない場合もありますから、

 

ここはしっかりと口に出して伝えて

 

期待していることを100%

 

分からせる方がいいです。

 

 

人間誰しも、学生だけじゃなく、

 

社会人であっても、

 

期待されることは嬉しいことです

 

 

しかも、期待されると期待に

 

応えたくなりますし、それ自体が、

 

一生懸命頑張る気持ちの源泉、
 
モチベーションとなります。

 

 

もし、学生生活において、

 

あなたが指導者の立場に立ったなら、

 

期待する」ということを

 

しっかりとおこなってください。

 

 

それにより、あなたが指導した生徒は

 

著しく成長して結果を出し、

 

指導したあなた自身も賞賛を
 
浴びることになるでしょう

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ