今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


マズローの欲求5段階説

 

 

マズローの欲求5段階説について、

 

解説していきます。

 

 

欲求5段階説につきましては、

 

アメリカの心理学者である

 

アブラハム・ハロルド・マズローによって

 

提唱された説です。

 

 

マズローは、

 

トランスパーソナル心理学の基盤となる

 

人間性心理学を創り出した人物
 
でもあります。

 

 

マズローは、人間の欲求には段階があり、

 

低い次元の欲求が満たされて初めて、
 
より高い次元の欲求が現れてくることを

 

説明しました。

 

 

マズローの5段階欲求説では、

 

次のような段階が示されています。

 

 

(1) 生理欲求

 

 食べる、飲む、眠るなど、

 

 衣食住や生きていくのに基本的に

 

 必要なものを欲する欲求です。

 

  ↓

 

(2) 安全の欲求

 

 衣食住に事欠かなくなると、

 

 次は、安全を求めるようになります。

 

 自分の心身を守りたいという欲求に

 

 駆られることになります。

 

  ↓

 

(3) 所属の欲求

 

 安全も確保されると、今度は、

 

 集団に所属したいという欲求が湧いてきます。

 

 そして、会社や団体、

 

 サークルやコミュニティなど、

 

 組織に所属したくなります。

 

  ↓

 

(4) 自己実現欲求

 

 所属の欲求も満たされると、

 

 今度は、自分の可能性を最大限に発揮し、

 

 自分を実現して、社会的な名声、

 

 富、周囲からの賞賛や愛を得ようとします。

 

  ↓

 

(5) 自己超越欲求

 

 自己実現も果たされると、

 

 幸せなはずなのに虚しい気持ちにさいなまされ、

 

 自己超越の道に入っていきます。

 

 内観や瞑想を実践し、

 

 神秘的な教えを学んで実行する段階です。

 

 

このように、(1)から(5)まで、
 
順番に欲求が成長していくということであり、

 

これは、非常に面白い観点であることが

 

お分かりいただけると思います。

 

 

実際のところ、(1)生理欲求、
 
(2)安全の欲求、(3)所属の欲求は、

 

現代の日本社会では、

 

容易に満たすことができます。

 

 

食料品や衣料品も安価で
 
手に入るようになっていますし、

 

警察も優秀ですから、

 

安全を脅かさせる心配については、

 

世界の他の国々に比較すると、

 

非常に小さくなっています。

 

 

また、会社に勤めたり、

 

町内会に参加したり、

 

趣味やサークルに所属したりと、
 
所属欲求も満たしやすいです。

 

 

したがいまして、(4)自己実現欲求の段階で、

 

一生懸命にがんばっている日本人が

 

多いということなのです。

 

また、引っかかっている人も多いです。

 

 

自己実現を果たそうと、
 
努力し、自分を確立して、

 

社会的な成功や名誉、

 

周囲からの愛情や賞賛を獲得しようと、

 

必死になっているのが、ほとんどの人です。

 

 

そんな中で、自己実現を

 

果たすことができた人たちは、

 

(5)自己超越欲求が出てきて、
 
虚しさに襲われるのです。

 

 

したがいまして、現代社会では、

 

より(4)自己実現欲求を
 
満たしやすく環境を整備し、
 
(5)自己超越欲求を
 
満たすことができる仕組みを、
 
さらに拡充していく必要があります。

 

 

ちなみに、(5)自己超越欲求を満たすには、

 

やはり、自己超越の方法、
 
テクニックを学べる環境が必要ですし、

 

知識も容易に学べるようにする必要が

 

あります。

 

 

これまでは、宗教やオカルトといった形で
 
自己超越を果たそうとし、

 

社会から隔絶されたり、

 

怪しげに感じられたりしていました。

 

 

しかしながら、(5)自己超越欲求については、

 

人間なら誰しも持っている欲求であり、
 
ある段階に来れば、必ず出てくる欲求ですから、

 

宗教やオカルトなどの怪しげなものばかりでなく、

 

心理学としてしっかりと社会に普及し、

 

常識化することが望まれるように

 

なってきています。

 

 

いずれ、何十年かすれば、

 

(5)自己超越欲求を満たす

 

本やプログラム、ネット上のサービス、

 

商品などが氾濫し、

 

誰でも気軽に自己超越を果たすことが
 
できるようになることでしょう。

 

 

そうなれば、昔のように、

 

自己超越を図ったために

 

社会から拒絶されたり、
 
村八分を食らったりすることもなくなりますし、

 

当然のように、悟りを開くことも

 

できるようになることでしょう。

 

 

そして、自己超越にみんながチャレンジし、

 

悟りを開く人がたくさん出てくれば、

 

世の中はまばゆいばかりの光で輝き、
 
至福の1000年がやってくるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ



 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ