今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


重複表現を避ける心理的効果

 

 

Eメールで重複表現を避ける心理的効果
 
について、紹介していきます。

 

 

重複表現とは、
 
同じ言葉を繰り返し使う表現ですが、

 

たとえば、「今日は雨が降ってきたため、

 

 雨に濡れてしまいますため、

 

 盆おどりは中止にします」などです。

 

 

「~ため」が2回重複して、
 
読んでて違和感を感じますよね。

 

これが、重複表現です。

 

 

もちろん、「~ため」だけではなく、

 

同じ表現を繰り返し使うものは、

 

全て重複表現です。

 

 

なぜ、違和感を感じたのかと言いますと、

 

人間誰しも、同じことの繰り返しには
 
単調さを感じ、飽きてしまうという心理

 

持っているからです。

 

 

そのため、同じ表現が

 

何度も続く文章があると、

 

飽き飽きして、読んでいるのが
 
嫌になってくるのです

 

 

したがいまして、

 

文章を書くときは、

 

重複表現をおこなわないように、
 
くれぐれも注意しましょう。

 

 

重複表現がたくさん出てくる文章は、

 

読んでいて色んな所で気持ちが引っかかり、
 
イライラしてくるものです

 

 

特に、長文になればなるほど

 

重複表現が与える悪影響が

 

大きくなりますから、

 

注意が必要ですね。

 

 

逆に、重複表現が
 
一切ない文章であれば、

 

引っ掛かりや違和感がなく、

 

ずっと新鮮な気持ちで

 

文章を読んでもらうことができます。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学