今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


応用心理士

 

 

応用心理士の資格について、

 

見ていくことにしましょう。

 

 

応用心理士とは、日本応用心理学会

 

認定する民間資格です。

 

 

人事、医療、司法、交通、

 

教育、相談などの仕事にて、

 

心理学を応用することができる人
 
であると認定してくれます

 

 

資格取得には、試験はありませんが、

 

やや厳しめの審査があります

 

 

日本応用心理学会の会員であること

 

大学で心理学を専攻した人、

 

日本応用心理学会の機関紙に

 

1件以上の研究論文を発表した人、

 

認定審査委員会が認めた心理専門職で

 

3年以上の経験がある人

 

などが資格要件となります。

 

 

学会主催の研修会に5回以上

 

参加していることも必要です。

 

 

さらには、日本応用心理学会には、

 

4年制大学で心理学や関連分野を
 
専攻した者でないと入会できません。

 

 

なお、この資格を取得したからと言って、

 

すぐに開業できるとか、

 

求人がたくさんあるとか、

 

就職に有利とかいうわけでもありません

 

 

民間資格ですから、

 

心理技術を持っているという

 

証明にしかならないのですが、

 

心理学関連の資格を

 

何か一つでも持っておきたいという方には
 
良いのかもしれません

 

 

ちなみに、応用心理士の資格で

 

求人が出ているか、

 

かなり調べてみたのですが、

 

求人は皆無でした

 

 

したがいまして、

 

医療機関やカウンセリング機関への

 

就職活動にて、履歴書に
 
この資格のことを書いてアピールする

 

という使い方が一番良さそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学