今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


正常と異常の心理学

 

 

正常と異常の心理学について、

 

解説していきます。

 

 

よく、正常な人、異常な人

 

という言い方をしますが、

 

では、何を基準として、
 
正常と異常を判断しているのでしょうか。

 

 

これは、実は単純に、

 

みんなが正常と考えている範囲を超えると、

 

異常と看做されるということなのです。

 

 

したがいまして、時代によって、
 
正常な範囲は異なりますし、

 

世界の国々によっても、

 

何が異常なのかの基準も異なります。

 

 

県や町、村によっても、

 

正常な範囲は異なってきます。

 

 

ですので、正常と異常の区別については、

 

実際のところ、普遍的なものではないのです。

 

 

たとえば、日本では、

 

裸で歩いていたら、異常と看做され、

 

警察官に逮捕されてしまいますが、

 

アフリカの原住民の世界に住んでいれば、
 
裸で生活していても正常ですし、
 
当たり前と判断されます。

 

 

このように、正常と異常の区別というものは、

 

みんながどう考えているかに
 
左右される非常に不安定な価値観である

 

ということが言えるのです。

 

 

ここで問題になってくるのは、

 

みんなと違うことをした場合に、

 

他者に迷惑をかけたり、
 
他者を傷つけたりするかどうかです。

 

 

もし、みんなと違うことをするだけでなく、

 

他者に迷惑をかけたり、
 
他者を傷つけたりするようであれば、

 

これは、異常と看做すのが正しいでしょう。

 

 

たとえば、みんなと違う行動をするだけでなく、

 

他の人に危害を加えたり、

 

他の人から何かを盗んだり、

 

他に人にストーカー行為を

 

はたらいたりする場合は、

 

異常と看做し、警察はそのような人を
 
しっかりと逮捕する必要があります。

 

 

しかしながら、みんなと違う行動をするだけで、

 

他の人に迷惑をかけたり、

 

他の人に危害を加えないだけでなく、

 

本当の自分を表現して、
 
個性を発揮する行動なのであれば、
 
本質的に異常ではないし、
 
目新しいものと判断するのが
 
よいかと思います。

 

 

そして、このような、みんなと違うけれども、

 

個性を発揮する行動こそが、

 

次の時代の常識を創っていくのです。

 

 

したがいまして、他者に迷惑をかけることはなく、

 

他者に危害を加えたりしないのであれば、

 

異常と呼ばれることは恐れずに、
 
自分自身を表現することは大切なことです。

 

 

アドラー心理学のアルフレッド・アドラーも

 

言っていますが、

 

自分自身であるために、
 
 他者から嫌われる勇気を持て」と

 

いうことです。

 

 

上述しましたように、人間誰しも、

 

自分が考える正常範囲というものがあり、

 

それを超えると、簡単に「あいつは異常だ」と
 
決め付ける心理を持っています。

 

 

ですので、それが障壁となって、
 
本当の自分を表現することができず、

 

心にストレスがたまって、

 

心の病を発症する人がいます。

 

 

したがいまして、周囲に異常と思われたり、
 
嫌われたりすることは恐れずに、

 

自分自身の個性を表現することは、

 

とても大切なことなのです。

 

 

そうすると、心の健康を取り戻せますし、
 
「世界に一つだけの花」になることができ、

 

次世代の、より良い常識を

 

作り出すことができるのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学