今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


言葉を深く受け取ってもらえないと意味がない

 

 

言葉を深く受け取ってもらえないと意味がない

 

ということについて、解説していきます。

 

 

NLP実践心理学では、人間関係においては、

 

言葉を深く受け取ってもらえないと意味がないと

 

言っています。

 

 

たとえば、言葉を発していても、

 

うわの空で、ほとんど聞いてもらえないようでは、
 
人間関係がスムーズに進んでいるとは言えず、

 

逆に、警戒されて距離を置かれている

 

可能性が高いです。

 

 
人間は、好きな人の言葉は、
 
深く聞いてくれます。
 

 

でも、嫌いな人や

 

警戒が必要と感じた人の言葉は、

 

聞いてくれないのです。

 

 

このような場合、NLP実践心理学では、
 
ラポール(信頼関係)をつくって、まずは、
 
人間関係の基盤を構築することが大事
 
と考えています。

 

 

したがいまして、周囲の人に、

 

自分はどんな人間で、
 
どんな考え方をしているのか、
 
本音で語っていく必要があります。

 

 

得体の知れない人物と
 
認識されている限りは、決して、
 
心を開いてくれることはありませんし、

 

こちらが何か言っても、深く聞いて

 

くれることはありません。

 

 

ですので、自分をさらけ出して、

 

まずは、自分が危害を加える人間ではないし、
 
安心かつ安全な人間であるということを
 
理解してもらわないと

 

いけないのです。

 

 

そして、ラポール(信頼関係)が
 
きちんとできれば、何か話しかけても、
 
しっかりと深く聞いてくれるようになりますし、

 

本当の意味で、人間関係をスタート

 

させることができるのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ