今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


記念碑は社会的な展望記憶

 

 

記念碑は社会的な展望記憶
 
ということについて、解説していきます。

 

 

認知心理学では、計画や予定など、

 

将来に対する記憶のことを、
 
展望記憶と言っています。

 

 

そして、各地に存在する記念碑は、
 
社会的な展望記憶と言うことができます。

 

 

なぜかと言いますと、記念碑というものは、

 

悲惨な歴史を繰り返さないために、
 
将来への警告として建設するもので
 
あるからです。

 

 

たとえば、戦争の被害に遭った地域では、

 

決して、戦争を繰り返してはならない
 
という想いを込めて、

 

記念碑を建設します。

 

 

また、記念碑には、
 
歴史上の偉大な人物を記念したり、
 
歴史上の事件を記念して、
 
将来に伝える役割があります。

 

 

このように、記念碑には、

 

将来に何か大切なことを伝えるという
 
展望記憶のような役割がある
 
ということなのです。

 

 

そして、一人に対してではなく、

 

将来の大勢に対して展望を示しますから、

 

社会的な展望記憶と言えるのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ