今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ねたまれて育った子供は罪悪感に悩まされるようになる

 

 

ねたまれて育った子供は、

 

罪悪感に悩まされるようになります。

 

 

なぜなら、ねたみという感情は、

 

子供心に傷つき、

 

わたしがいるからいけないんだ

 

といった罪悪感を、

 

深層意識に刻み付けるからです。

 

 

したがいまして、

 

子供さんがねたまれることがないように

 

くれぐれも注意してあげる必要があります。

 

 

たとえば、お金持ちの場合、

 

子供さんの服装や持ち物が、

 

あまりに豪華だと、
 
周囲の子供達にねたまれてしまいます

 

 

また、ベンツやロールスロイスで
 
幼稚園や学校に

 

送り迎えするなどしてしまうと、

 

これまた周囲の子供達に

 

ねたまれる理由となります。

 

 

したがいまして、子供さんの服装や
 
持ち物を豪華にしすぎないこと

 

そして、豪華な車で送り迎えを

 

しないようにするといいでしょう。

 

 

なお、その子供がかわい過ぎる、
 
美人過ぎる、勉強ができ過ぎる、

 

スポーツができ過ぎるということで

 

ねたまれる場合は、

 

なかなか回避することは難しいです。

 

 

美しいって罪なのね」なんて

 

映画や舞台などの名セリフがありますが、

 

こればっかりは、隠すことはできません。

 

 

したがいまして、子供さんには、

 

早くから謙遜、謙譲の美徳を

 

しっかりと教えてあげてください。

 

 

そして、自慢したり、
 
自分を見せびらかせたりしないように

 

強く言っておいてください。

 

 

小さなうちは、ねたみやそねみから

 

身を守る術をしらないため、

 

周囲からのねたみをモロに
 
受けてしまいます

 

 

ですから、少し早いように思えても、

 

できるだけ早めに、

 

ねたみやそねみから身を守る処世術を
 
教えて聞かせてあげてください

 

 

特に、「自慢しないこと」、

 

これが重要です。

 

 

ねたまれる環境で育ってしまうと、

 

いつも罪悪感を持って、
 
つらい人生を歩むことになります

 

 

したがいまして、小さな子供のころから、

 

親御さんは、注意してあげてほしいのです

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

子供は親の鏡
家族療法とは何なのか
子供にとって家族は全ての始まり
ミニューチンの構造理論を家族関係に活かす
家族の愛に包まれて育った子供は世界に愛をばらまく
励まされて育った子供は自信を持つ
公明正大な家庭で育った子供は正義心を持つ
認めてもらえる家庭で育った子供は自分を大事にする
寛大な家庭で育った子供は我慢強くなる
批判ばかり受けて育った子供は批判ばかりするようになる
冷やかされて育った子供は、はにかみ屋になる
敵意に満ちて育った子供は誰とでも争うようになる
日本の子供は外国と比べて家事を手伝わない
洗濯機、掃除機、炊飯器が女性を解放した
家事を手伝わなくなったことの弊害
結婚は最も効果がある人生修行
一番手がかかった子に最終的に親は面倒をみてもらう
親からのマイナスの言葉は聞き流すと良い
家族間で協力体制をきちんと結んでおく
カルマを解消できないと家族として生まれ変わりやすい
家族を大切にすれば家族が残る
子供が生まれるとパパママと呼び合う夫婦の心理学
子供が生まれても呼び名が変わらない夫婦の心理学
広い意味では人類は全て家族である
口うるさい姑(しゅうと)との家族関係の心理学
亭主関白とかかあ天下の家族関係の心理学
抱きしめるとオキシトシンが出てストレスが減り幸福感が増す

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学