今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


アルフレッド・アドラーという人物の経歴

 

 

アルフレッド・アドラーという人物の経歴
 
について、紹介していきます。

 

 

アドラー心理学を生み出した

 

アルフレッド・アドラーは、

 

1870年にドイツのウィーン近郊で、
 
ユダヤ人の穀物商の父の元に生まれ、

 

六人兄弟の二番目として生まれました。

 

 

父が穀物商をしていたため、

 

かなり裕福な家庭で育つことができましたが、

 

母親との関係は、あまりよくありませんでした。

 

 

母親は、性格的に冷たい人で、
 
アルフレッド・アドラーよりも、

 

一番目に生まれた子を

 

かわいがったということです。

 

 

また、アドラーは、くる病を患っており、

 

肺炎で死にかけたこともあり、

 

医者になる決心をして、勉学に励みました。

 

 

そして、ついにはウィーン大学の

 

医学部を卒業するまでになり、

 

最初は、眼科医になり、
 
次に、内科医をすることになりました。

 

 

この時点では、精神科や心理学者

 

ではありませんでした。

 

 

やがて、フロイトの「夢判断」を読んで、
 
フロイトに傾倒し、あるきっかけから、

 

フロイトと仲良くなりました。

 

 

そして、アドラー自身も
 
精神分析学会の中心的メンバーとなり、

 

精神分析の世界に

 

没頭していくことになるのです。

 

 

その後、フロイトとは意見の違いから
 
別れることになりますが、

 

アドラーは、人間を分割できない全体ととらえ、

 

行動だけを分析したり、感情だけを分析したり、

 

認知だけを分析したりするのではなく、

 

人間一人を総合して研究すべきだという
 
「個人心理学」を提唱したのです。
 

 

この個人心理学こそが、後に、

 

アドラー心理学と呼ばれるものです。

 

 

しかし、1914年には、
 
第一次世界大戦が勃発し、

 

アドラーも、次第に戦争に

 

巻き込まれていきました。

 

 

徴兵は免れたものの、

 

軍医として参戦することになりました。

 

 

陸軍病院の神経精神科に所属したのですが、

 

毎日、過酷な診療状態であり、

 

アドラーは眠れぬ日々を

 

過ごしたと言われています。

 

 

その後、アドラーは、

 

心理カウンセリングを公開するようになり、

 

アドラー心理学は、瞬く間に
 
ウィーンからヨーロッパ全土に
 
広まっていきました。

 

 

このようにして、

 

アドラー心理学が世界中に広まっていき、

 

今日、日本でも、注目されている

 

という次第なのです。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

人生の意味は自分で決める
嫌われる勇気を持つ大切さ
教育では勇気づけることが大切
無能力に対する劣等感が問題行動の原因
問題行動の目的は大人の注目を引くこと
子育てでは原因より目的が大切
子供の問題解決能力を信じて見守ること
子供に結末を体験させる重要性
子供の課題を親がやらないこと
あなたは今したいことをしているか
他人の目を気にするな
人生はシンプルなものである
できるだけ子供には自分で判断させる
失敗を恐れないことが何よりも大切
他者のために生きているのではない
自分に価値があると思えた時だけ勇気が持てる
自分を好きにならない限り幸福にはなれない
自分の内なる声に従う勇気を持とう
人間の悩みは全て対人関係の悩みである
まず目的があり手段が考え出される
人から幸福と見られるだけでは意味がない
与えられているものをどう使うかが重要
親の期待を満たす必要はないことを再認識する
進路、結婚相手、職業の選択は子供自身の課題
自分の価値は他者への貢献によって得られる
人生の課題から逃げていては幸福にはなれない
理由なくデートに遅れる相手と結婚してはならない
劣等感は課題から逃げるための単なる口実
甘やかしとは子供の課題を親がやってしまうこと
自分の課題は自分で行い助けが必要な時だけ頼る
親に結婚を反対されても知ったことではない
競争しない生き方をする
好きなことに対する努力は努力とは言わない
自分が正しいと信じたことを言う責任を取ろう
病気をすると世界への見方が大きく変わる
あらゆる関係は対等でなければならない
分業は男女に分かれていることから始まった
世界は危険に満ちていると考えすぎないこと
人間関係では共感する能力が大切である
ありのままの自分でいること
本当に自分を生きれば嫌われることもある
人生の快適さと不快さを共に受け入れること
自分を違う角度から見てみることも大切
人間誰しも一人では生きられない
人生最後の試練は加齢と死を恐れることである

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学