今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


森田療法とはどのようなものか

 

 

森田療法とはどのようなものか

 

解説していきます。

 

 

森田療法につきましては、1919年に、

 

精神医学者の森田 正馬(まさたけ)により
 
創始された心理療法であり、

 

主に、神経症や不安障害に効果があります。

 

 

また、最近では、うつ病にも

 

使用されている療法です。

 

 

現在の森田療法では、

 

症状が軽度の人は通院、
 
重度の人は入院して
 
実施されることが多いです。

 

 

森田療法におきましては、

 

神経症になると、その症状に注目し、
 
症状を中心にして行動してしまい、

 

それが神経症をさらに悪化させる
 
原因だと言っています。

 

 

たとえば、パニック障害になりますと、

 

自分が人前でパニックになることを恐れ、

 

パニック障害の症状にばかり注目して、
 
日常生活がパニック障害中心となります。

 

 

そうしますと、人前に出ることができなくなり、

 

ついには、家から一歩も出ることが
 
できなくなります。

 

 

このように、神経症の症状に注目して、
 
症状中心」に生活すると、

 

注目することで、より神経症の症状に

 

力を与えてしまうことになって、

 

神経症がさらに悪化してしまうのです。

 

 

そこで、森田療法では、

 

「あるがまま」でいることを

 

重要視します。

 

 

不安があろうと、症状が出ていようと、
 
それらを一切無視して、
 
あるがままの状態を受け入れ、
 
やりたいと思ったことを
 
どんどん行動していくことで、
 
症状が回復していくという考え方です。

 

 

もちろん、自分一人では、
 
そう思っていてもなかなか行動できないので、

 

森田療法では、入院して、絶対安静の時期、

 

軽作業だけをおこなう時期、

 

重作業だけをおこなう時期を体験してもらい、

 

徐々に、生活に戻っていくという

 

プログラムを用意しています。

 

 

「症状中心」の行動、すなわち、
 
不安や発作を起こさないためにとる回避行動は、
 
神経症をさらに悪化させます。

 

 

したがいまして、「症状中心」の行動を取らず、

 

回避行動を一切おこなわずに、

 

不安があろうが発作が起きようが、

 

それらを一切全て無視して、

 

目的を達成するために
 
突き進んでいくことが大切です。

 

 

この積極的な行動を「目的中心」の

 

行動と呼びますが、

 

「目的中心」の行動をおこなうことで、
 
神経症の悪循環を断ち切ることができます。

 

 

たとえば、パニック障害にかかっている人は、

 

人前に出るとパニックにならないかと

 

いつも不安になりますが、

 

そのような不安は完全に無視して、
 
仕事に行くなら行く、学校に行くなら行く、
 
必要であれば電車に乗る、
 
バスに乗るということをすることが大切です。
 

 

やりたいことがあれば、

 

不安など気にせずに、

 

どんどん実行していくのです。

 

 

ちなみに、森田療法につきましては、

 

日本で創始されましたが、

 

その効果が認められ、現在では、
 
海外でも盛んに実施されています。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
小児の発達障害にはどんなものがあるのか
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
来談者中心療法とはどのようなものか
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
グループ療法とはどのようなものか
家族療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
箱庭療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か
心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学